動画編集用機材

【失敗しない】動画編集におすすめのパソコンの選び方&ランキング!

失敗しない!動画編集におすすめのパソコンの選び方 優先スペック パソコンランキングto3

動画編集ソフトには、データの平行処理が得意なパソコンが向いています。

ノートパソコンとタブレットの併用

必要なパーツ性能が不足していると、たとえ高額なパソコンを使っていても、フリーズもたつきが頻発します。

ジーナ
ジーナ
逆に、必要なパーツに必要な性能があれば、安価PCでもそれなりに動くよ。

動画編集用パソコンを買うときは、パーツスペックを見極めながら選ぶのがポイントなんですよ。

本頁では、動画編集ソフトに影響するパーツとスペック・最適なパソコンを構成する方法・おすすめのパッケージモデルなどを紹介していきます。

これから動画編集用のパソコン購入を予定している方など、よろしければ参考にしてください。

動画編集を快適にするパーツ&スペック

動画編集ソフトの要件を満たす、最小パーツ&スペックは、おおむね次の通りです。

 初心者(家庭)向けソフトプロ向けソフト
CPU3年以内に購入したものならほぼ大丈夫。できるだけCore数が大きいもの・年式が新しいもの
RAM4GB~8GB~
GPU・グラフィックカード無くても使えるが、あった方が快適。2GB~
ハードディスク10G~1TB~

なお、CPU・RAM・GPUは、動画編集ソフトを動かすのに重要なパーツなので、可能な限り性能の良いものを積むのがおすすめです。

CPU

CPU (Central Processing Unit)は、パソコンの演算や制御の中心となるデバイスで、パソコンの脳に例えられる最も重要なパーツです。

【PCカタログに記載される 主なCPUの規格と意味 一覧】

項目説明効果
プロセッサーブランド&型番
クロック周波数GhzCPUが1秒間に計算できるデータの量。数字が大きいほど高速。
ターボブースト周波数Ghzクロック数が瞬間的に処理できる最大データ量。
コアcoreCPUのコア(中心となる部分)の数。コア数が多いほど複数の処理を同時に行える。
スレッドthreadCPUが平行処理できる作業の数。スレッド数が大きいほど、複数の処理を同時に行える。
キャッシュ MBCPUが一時的にデータを保存できる量。数字が大きいほど高速。

クロック周波数について

「CPUのスペック=クロック周波数」と考えがちですが、動画編集では瞬間速度よりも、大容量データを並行処理する能力が高い方が有利です。

クロックが高くて悪いことはないものの、優先すべきはコア・スレッド・キャッシュの3つです。

スレッドとは?

スレッドとは、コア全体が行う仕事の数で、基本的には1コア・1スレッドになっていて、シングルスレッドと呼ばれます。

ジーナ
ジーナ
コア数=スレッド数が基本。

\シングルスレッド/

シングルスレッドの図解

対して、近年主流の「コア数<スレッド数」になっている規格は、マルチスレッドと呼ばれます。

  • 表記例:8コア16スレッド / 8コア16スレッド32MB…など。

スレッド数が多くなると、PC側でコア数が増えたように解釈するため、物理コア数よりも多くの並列処理を実行でき、コア数が増えたと同様の処理速度の向上が見込めます。

\マルチスレッド/

マルチスレッドの図解
  • 複数の物理コアを持つと処理速度が速くなる。
  • マルチスレッド化していと、物理コア数以上に処理速度が速くなる。

複数の物理コアを持ち、マルチスレッド化しているものほど、効率的な処理速度が見込める。

キャッシュとは?

キャッシュとは、CPU内に設けられた データの一時保存領域 です。

CPUに近いところにキャッシュを設けることで、情報のやり取りを高速化することができます。

メモリ数のみ表記される時とL1.L2.L3が表記されることがあり、L●表記の場合は、L3が最も大容量で高速になります。

【L1.L2.L3の違い】

キャッシュメモリには、CPUとの物理&処理の距離によって、3段階(L1.L2.L3)のメモリを持ちます。

\キャッシュメモリ単体の距離と容量イメージ/

L1.L2.L3のキャッシュ図解
  • L1:最も距離が近いので高速だが、容量も少ない。
  • L2:2番目に距離が近いのでやや高速だが、容量が少し増える。
  • L3:最も距離が遠いので3つの中では遅いが、容量が大きい。

L2規格は「L1+L2」キャッシュを内包し、L3規格は「L1+L2+L3」キャッシュを内容します。

スピードや頻度によってL1~L3キャッシュを使い分けるため、L2.L3は効率的に大量の情報を使い回すことができます。

3つの中では、L3が最も大容量&高速となります。

近年は、マルチコア化によりL3キャッシュが標準化しているため、容量だけを表記している場合の方が多いかもしれません。

  • MB容量が大きいもの、Lに続く数字(最大3)が大きいものほど高性能&高速

動画編集ソフトは大量のデータ処理を行うため、CPUの並列処理キャッシュメモリが大きいものを選ぶのがおすすめです。

【動画編集用PCで優先したいCPUスペック】

  • コア
  • スレッド
  • キャッシュ

昨今のCPUだと、以下のスペックがおすすめです。

【目標スペック】

  • 6コア12スレッド12MB
  • 8コア16スレッド32MB

RAM

RAM(Random Access Memory)は、CPUが処理する時に一時的に利用する記憶容量で、作業机の広さに例えられます。

ちなみに、パソコンの仕様欄では、単純に メモリ と表記されることも多いです。

RAMは値が大きいほど並列作業ができるため、動画編集にも有利に働くパーツです。

ちなみに、ソフトを動かすだけなら8GBでも問題ありませんが、それなりの編集をするなら、体感的に16GB以上はあった方が良いですね。

ジーナ
ジーナ
動かすだけなら、プロ用ソフトでも8GB(最小要件)あれば使えるよ。

なお、必要メモリは扱うデータ量に比例するので、編集する素材の量が大きく・時間が長いほど、大きめの容量を積むようにします。

【目標スペック】

  • 15分程度のムービー編集:16GBで充分。
  • 4K編集・30分以上の編集:32GB以上は欲しい。

GPU・グラフィックカード

GPUは、画像処理に特化したCPU的なデバイスと言えます。

処理負荷の大きい画像処理をGPUが担うことで、パソコン全体の速度を大幅に向上させます。

また、動画編集ソフトの中には、GPUがないと動作しない素材やコマンドもあるため、原則は積んでおくのがおすすめのパーツです。

【PCカタログに記載される 主なGPUの規格と意味 一覧】

項目説明効果
グラフィック・アクセラレーター商品名・型番
ビデオメモリMBメモリ容量大きいほど高速。
解像度・発色数◎◎×◎◎,●●万色処理可能な画面解像度を表記したもの。画面解像度の対応を表したもので、高速化とは直接関係ない

必要メモリは扱うデータ量に比例するので、編集する素材の量が大きいほど、大きい容量を積むのがおすすめです。

【目標スペック】

  • フルHD編集:4GB
  • 4K編集:8GB

ちなみに、ひと昔前は「クリエイターの使うGPU=Quadoro」でしたが、現在は、一般仕様のGeforce(Navidia)・Radeon(AMD)でも充分な性能があるので、本職の方でない限り高価なQuadoroまでは不要です。

  • GPUはできるだけパソコンに組み込む
  • 本職でない限り、Geforce・Radeonで充分。

ハードディスク

ROM・ストレージとも呼ばれ、いわゆるデータ保存用のデバイスです。

簡単に後付け&拡張もできますが、高画質素材を大量に扱うなら、ある程度余裕をもった容量を積んでおくと、作業効率が上がります。

適宜外部メディアに保存するなら、1TBもあれば充分かなと思います。

【目標スペック】

  • 最小:1TB
  • ズボラなひと:1TB以上

動画編集と相性のよいパソコンを安く買う方法

ピンクのかつらとサングラスをかけたポップな70年代風の女性の顔のアップ

動画編集には、情報処理能力に特化したパソコンがおすすめです。

一般普及品から、希望するスペック構成のパソコンを購入するとかなりの価格アップになりますので、BTOパソコンを購入するのが最もおすすめです。

BTOパソコンの概要&メリット・デメリット

BTOパソコンとは、Build To Orderの略で 受注生産型 のパソコンです。
既製品よりも細かくパソコン構成を決められるため、ハイスペックなのに低価格で組み立てられるのが一番の特徴です。

完全な自作と違い、BTOメーカーで完成品の動作チェックをしてくれるため、既製パソコンと同等の保証も付きます。

【BTOパソコンと既製・自作パソコンとの比較】

 BTOパソコン既製パソコン自作パソコン
価格パーツの組み合わせ次第で、既製品よりハイスペック&低価格での購入が可能。不要なアプリ・無駄な高級パーツが組み込まれているため、相対的に高額安価だが、最低限の知識とスキルが必要。
カスタム性交換可能なパーツに制限あり。なし。自由自在。
納期~10日程度即日自分次第。
サポートありあり自己責任
動作保証

一般的に、BTOパソコンの構成にはパーツ制限があるため、PCスキルがほとんどなくても簡単に選ぶことができ、構成に失敗しにくいようになっています。

ジーナ
ジーナ
パーツ適合や動作不良の心配も不要。

  • BTOパソコンなら、パソコン音痴でも性能特化型のパソコンを安く、簡単に作れる。

人気のBTOパソコンメーカー 4選

沢山あるBTOメーカーの中で、はじめての動画編集におすすめのBTOメーカーは次の4社です。

なお、4社に共通するのは次の5点です。

【動画編集用におすすめのBTOメーカーの条件】

  • 動画編集用のベース躯体(クリエイターモデル)を販売。
  • 日本国内での生産。
  • 購入前・後のサポートが充実。
  • 高品質
  • 安い

【クリエイティブモデル展開おすすめの人気BTOメーカー サービス比較】

 マウスパソコン工房FRONTERサイコム
 
購入前相談TEL:9-20時TEL・チャット・Line:10-18時TEL:10-19時TEL10-17時(12-13除く)
購入後相談TEL:24時間
構成の難易度    
価格帯12万~30万15万~35万13万~30万12万~30万
生産地長野県島根県山口県埼玉県
特徴オリジナルパーツも多用することで、リーズナブル&ハイスペックなマシンが作れる。性能も品質もすこぶるよい。高品質パーツを豊富に選べ、品質・価格共にバランスのよいマシンが作れる。期間限定セールにあたるとかなり安く買える。さ重視の方におすすめ。フルカスタムが可能な老舗のBTOメーカー。他のメーカーより、選び方は難しいものの、自由度はNO1。

中でも、初心者に断トツに優しいのはマウスパソコン工房です。

【マウス&パソコン工房 おすすめポイント】

  • 購入前の問い合わせ相談がロングタイム対応。
  • 購入後の問い合わせ相談が24時間対応。
  • パソコンを組み合わせる構成フォームの作りが簡単

はじめての動画編集におすすめ パソコンランキング TOP3

動画編集初心者&BTOパソコン初心者におすすめのパソコンをピックアップしました。

編集初心者から中級者の方まで、広くおすすめできる構成です。

【チェックポイント】

チェックリストにピンクのマーカーでチェックしていく手もと

クリエイターモデルをベース躯体にする。

CPUの目標スペック。

GPUを搭載する。

メモリは低くても拡張性があればOK。

NO.1 【マウス】 DAIVEシリーズ A7

項目スペック
イメージ
CPUAMD Ryzen™ 7 3700X / 8コア16スレッド
グラフィックスAMD Radeon™RX 5700~:8GB
メモリ16GB(8G×2)
スロット数/最大4(空き2)/最大64GB(16GB×4)
HDD1TB
価格164,800~

おすすめNo.1は、マウスのクリエイターモデルDAIVEシリーズ A7 です。

動画編集初心者~中級者でも申し分のないCPUスペックに、大容量8GBのGPU搭載で20万円を下回るリーズナブル&ハイスペックなパッケージです。

ちょっと重めの動画編集をやりたくなったら、メモリ追加するだけで簡単にパワーアップをはかれる拡張性も◎です。

ちなみに、わたしが今メインで使っているパソコンもDAIVEだったりします。

\クリエイターモデル!DAIVE!/

マウスクリエイターモデルのバナー

クリエイターモデル

NO.2 【パソコン工房】SENSE∞ R0X5-R73X-RXX-UE4

項目スペック
イメージ
CPURyzen 7 3700X / 8コア16スレッド
グラフィックスGeForce GTX 1660 Ti:6GB
メモリ16GB(8G×2)
スロット数/最大4(空き2)/最大64GB(16GB×4)
HDD500GB
価格150,980~

おすすめNo.2は、パソコン工房のクリエイターモデルSENSE∞̪シリーズ R0X5-R73X-RXX-UE4 です。

作業効率のよいCPUスペックに、ソフト利用にも不足のない6GBのGPUも搭載した編集初心者向けの構成です。

ハードディスク・メモリは少なめですが、後から拡張も可能なので、最初から完璧を求めない方にピッタリです。

できるだけ最小のスペックで始め、必要に応じてカスタマイズしていきたい方におすすめな構成です。

\高品質パーツで作るハイスペックマシン!/

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセールクリエイターモデル SENSE∞

NO.3 【FRONTIER】 DAIVEシリーズ A7

項目スペック
イメージ
CPUインテル® Core™ i7-10700 プロセッサー / 8コア16スレッド
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1660 SUPER™:6GB
メモリ16GB(8G×2)
スロット数/最大4(空き2)/最大128GB(32GB×4)
HDD500GB
価格129,800~

おすすめNo.3は、フロンティアのクリエイターモデルGAシリーズ (おすすめ構成A)です。

構成自体は、パソコン工房とよく似ていますが、とにかく安いです。

ただ、「マウス」や「パソコン工房」と違い、購入後のサポートには営業時間があるため、初心者の方・パソコンが苦手な方には少し不安かもしれませんね。

\価格で選ぶなら、フロンティアのBTO!/

クリエイターモデル SA

まとめ

ノートパソコンとタブレットの併用

動画編集用のパソコンは、並行処理に特化したスペックで構成するのがおすすめです。

【動画編集用PCで最も優先したいスペック】

  • CPU:6コア12スレッド12MB以上
  • RAM(メモリ):16MB以上
  • GPU:搭載必須&6GM以上

なお、既成パソコンには、余計な機能・ソフト・パーツも付いてくるため、欲しいスペックを満たした既成パソコンだと高額になってしまうことが多いです。

格安で高性能なパソコンを購入するなら、受注生産型のBTOパソコンを購入するのがおすすめです。

【BTOパソコンのメリット】

  • 組み立てるパソコンをパーツ単位で変更・指定できる。
  • 不要なパーツ・ソフトがないため格安
  • BTOメーカによる動作確認や保証があるため、自作できなくても安心。
  • 購入前・後のサポートも充実。

ちなみに、数あるBTOメーカーでも、最もおすすめなのは、オーダーフォームの易しさ・パーツ品質・価格・購入前後のフォローが充実している以下の2ブランドです。

【おすすめNo.1 MOUSEコンピューター】

トップレベルのユーザーサポートと、高品質リーズナブルなオリジナルパッケージが秀逸。

トラブルも少なく製品としても安定度も高いおすすめのブランド。

マウスコンピューター/G-Tune


【おすすめNo.2 パソコン工房】

パーツ品数安さが業界トップレベルで、初心者から中級者まで愛用者が多いコスパに定評のある有名ブランド。

購入後サポートも24時間対応で、マウスに次ぐ手厚さも魅力。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

以上、動画編集におすすめのパソコンの選び方とおすすめパソコン の紹介でした。斜め上を見て、あごに手をやり考え事をしている女性

動画編集用パソコンが欲しい・編集時のもたつきやフリーズが気になる…など、パソコン買い替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてください(*’ω’*)☆