動画の作り方

動画編集ソフトの雑学・用語集

Director GNA_explain_dictionary_ジーナ苑_動画編集ソフト_用語集

動画編集に必要な知識やスキルには、少しばかりの専門性があり、日常に馴染みのない用語や雑学もたびたび出てきますね。

斜め上を見て、あごに手をやり考え事をしている女性

いちいち、調べるのもちょっとした手間なので、主要な用語を中心にまとめてみました。

動画編集ビギナーの方が、最低限知ってた方がよいもの用語として度々でてくるもの・わたしが解説のために使いやすいものを抜粋し、重くない程度で解説しています。

興味をひく項目があれば、目次からピンポイントでジャンプ&ウォッチいただけたら幸いです。

動画編集もさくさく!高性能×リーズナブルパソコンならBTOがおすすめ!

【パソコン買うならBTOがおすすめ】

BTOパソコンとは、受注生産型のセミオーダーパソコンです。

  • 必要なアプリや強化したいパーツを組み合わせられるので、高性能でも安価オリジナルパソコンを購入できます(*’ω’*)。

中でも、日本のBTOメーカーMOUSEは、クリエイターを対象としたコンセプトモデルが充実していて、知識がなくても自分好み簡単構成&オーダーできておすすめです(*’ω’*)。

\ベースをクリックしていくだけの簡単構成!/

BTOパソコンメーカー マウスのカテゴリ例出典:https://www.mouse-jp.co.jp/creator/
ジーナ
ベース躯体で10万~16万円と超リーズナブル(*’ω’*)!

\クリエイターモデル!DAIVE!/

マウスクリエイターモデルのバナー

クリエイターモデル

タイムライン

タイムラインとは、動画編集ソフト特有のインターフェースの一部です。

ジーナ
ジーナ
動画編集ソフトは、タイムラインを作成するソフトと言っても過言ではない。

▼動画編集においてのタイムラインとは

  • クリップ(データ)を、最適な時間レイヤー配置するための、インターフェース。

▼一般的な動画編集ソフトのインターフェース イメージ(※パワーディレクター)

動画編集ソフト_用語集_タイムライン_インタ-フェース_イメージ

上記イメージ画像(パワーディレクター)は、一般的な家庭向け動画編集ソフトに採用されている、平均的なインターフェースレイアウトです。

ジーナ
ジーナ
下段の太線部分「タイムライン」と呼ばれるスペースで、様々なクリップを並べることができます。

なお、タイムラインの縦軸と横軸の役割は次の通りです。

タイムラインの横軸の役割

  • タイムラインの横軸は、左から右へ画像(フレーム)を繋ぎ、時間と連動して切り替わる動画を作ります。

例えば、以下のgifは、「左からバイクに抜かれ、抜いたバイクを今度は左から抜き返す」という動画になっていますが、タイムラインの左から右へ、5枚のフレームを並べることで実現しています。

タイムライン_横軸説明_イメージ

▼元になっているフレーム(静止画)

用語集_タイムライン_横軸_イメージ
ジーナ
ジーナ
タイムラインの左の画像(フレーム)から順に再生していくことで、パラパラ漫画をめくるような動画を再現しています。

▼インターフェースでの見え方 (画像:パワーディレクター)

用語集_タイムライン_横軸_イメージ_インタ-フェース

動画をプレビューさせると、タイムライン内スライダー(上記:▼ポイント)が移動していきます。

タイムライン上には、赤いガイドラインがまっすぐに伸びて、その時間に割り当てられたフレーム(静止画やクリップ)が一目でわかるようになっています。

ジーナ
ジーナ
タイムラインとは、この赤い「時間線=タイムライン」を見やすくするためのインターフェースといえる。

ジーナ
ジーナ
クリップをタイムラインの横軸に並べる作業「結合」と言うんだ。

タイムラインの縦軸の役割

  • 縦軸は、同一時間(赤いライン)上にあるクリップに対して、以下2点の調整を行います。
  1. 表示画像の優先(レイヤー)順位
  2. 同時に行うべきアクションの配置

▼例えば、以下の画像は、3つのクリップ(透過png含む)で構成されています。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_クリップ統合図_レイヤー

▼タイムラインで見ると以下の様になっています。(画像:パワーディレクター)

レッドラインが重なったポイントを見ると、縦に3つのクリップが並んでいます。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_インタ-フェース

▼この3つのクリップは、上から①背景、②ネコ本体(透過png)、③ヘルメット(透過png)となっています。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_クリップ分解図_レイヤー

▼この3つのファイルを重ねて、トラック番号の大きい方から見たのがヘルメットを被ったジーナの画像になります。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_クリップ分解図_レイヤー_視点統合_方向

【タイムラインの上下と見え方の優先順位】

上記タイムラインの上下の並びを逆にしてしまうと、背景が一番手前になるため、猫本体ヘルメットも背景の下に隠れて見えなくなります

上記キャプチャーのパワーディレクター(動画編集ソフト)では、上層の階層(トラック番号の大きいもの)ほど、タイムラインの下側に追加されていきます。

ジーナ
ジーナ
下から見上げるようなイメージだね。
  • タイムラインのトラック番号の並びは、ソフトによって、上方から昇順でトラックが配置されるケースと、上方から降順に配備されるケースがあります。
  • いずれのケースでも、画像は、トラック番号の昇順で積み上げられる構造になっていて、積み上げられた画像をトラック番号の大きい順に見る格好になります。
  • この「縦にクリップを重ねる」ことを、「合成」と言います。
  • 分かりやすく静止画像を縦軸に並べて説明してみましたが、エフェクトクリップなども縦の時間軸に配置することで、「重ねる=合成」することができます。
ジーナ
ジーナ
数字が小さい方が下層。

クリップそのものに様々な素材を合成する方法もありますが、基本的には、クリップ縦に並べる作業を、「合成」といいます。

タイムラインスライダー

タイムラインスライダーとは

タイムラインスライダーとは、タイムラインプレビューウインドウに表示される「▼」「▲」マークのことです。

▼タイムライン・プレビューウインドウのスライダーイメージ(画像:パワーディレクター)

用語集_タイムラインスライダー_タイムライン_プレビュー画面_イメージ_パワーディレクター

ジーナ
ジーナ
タイムラインでは縦にクリップが並ぶので、時間の把握が難しくなりそうですが、赤いラインが表示されるおかげで、1フレームもずれることなく完璧なチェック&コントロールできます。

タイムラインスライダーが示す時間

編集作業では、タイムラインスライダーがポイントしている時間を、正しく把握することが、とても重要です。

そして、編集ソフトのインターフェースは、プレビューウインドウ・タイムラインともに、経過時間を容易に把握できるようになっています。

「プレビューウインドウには経過時間のカウント」が、「タイムラインではメモリ」が表示され、タイムラインスライダーの示すポイントを、時間で把握することができます。(画像:パワーディレクター)

用語集_タイムラインスライダー_タイムライン_プレビュー画面_イメージ_時間確認_パワーディレクター

タイムラインスライダーの便利な使い方

タイムラインスライダーは、正確にコントロールすることで大きな恩恵があります。

最も顕著なのが、あらゆる編集作業の基点(クリップ挿入時のガイド)になることです。

【緻密なコントロールを可能にする タイムラインスライダー活用シーン】

  • クリップの追加ポイントの基点
  • クリップの分割ポイントの基点

ほとんどの作業マウスのクリックで実現できるのは、編集ソフトの直感的な操作性の成せる業ですが、「0.1秒後とか、1/30フレームの24枚目に挿入したい…」といった、緻密なコントロールには、マウス操作は向きません

ジーナ
ジーナ
むしろ、ストレス…。

タイムラインスライダーを基点とした作業は、次の恩恵をうけます。

【タイムラインスライダーを完璧にコントロールするメリット】

  • スピーディー
  • ノンストレス
  • ハイクオリティ

ジーナ
ジーナ
マウスのみに頼らない操作の方が、むしろスピーディーだったりする!

クリップ

クリップとは

クリップとは、動画編集ソフトに取り込まれた編集用の映像・音声・エフェクト素材です。

▼クリップとして取り組めるデータには様々なものがあります。文書ファイルなどは無理ですが、一般的な形式映像音声データは、ほとんど取り込めます。

  • 静止画
  • 動画(映像+音声)
  • ミュージック
  • 効果音
  • 映像のみ
  • アニメーション
  • 編集ソフトに取り込んだ素材は、ソフト内にデータが保存されているように見えますが、データの参照元としてリンクされているだけです。
  • そのため、取り込んだ素材データを、編集ソフト内で修正や変更をしても、元データには一切影響ありません
  • 同様に、プロジェクトを保存したとしても、クリップそのもののはプロジェクトに保存されません
フォルダ

プロジェクトを保存しても、取り込んだ素材データのリンク先を変更したり、ファイル名を変更すると、編集した動画が再生できなくなります。

次の対策必ず実施しましょう。

 

【対策】

  1. 1作品毎に保存用の専用フォルダを作る。
  2. 該当のムービーに必要な「素材データ」・「プロジェクト」・「バックアップ」は、全て、専用フォルダに入れる
  3. 編集ソフトに取り込むデータは、専用フォルダに入れた素材データから取り込む。

ジーナ
ジーナ
データ容量が増えるのは諦めよう。

たぶん、先輩たち一度は失敗していると思います。

クリップの種類

クリップの種類は、どのメーカーでも最大で3つです。

また、クリップの呼称は、各ソフトメーカーによって多少の違いがみられます。

ジーナ
ジーナ
微妙な違い。

ビデオクリップ

ビデオクリップに属するのは、1秒間に数十枚の画像(フレーム)で構成された、視覚的な識別ができるデータです。

  • 静止画像
  • 動画
  • アニメーション
  • テキストデータ
ジーナ
ジーナ
安価なソフトでは「音データでなければ、全てビデオクリップ」として扱うケースもあるよ。

エフェクトクリップ

ビデオクリップの一部ではありますが、ビデオクリップと異なり、単体では使えません。

ビデオクリップの見え方を変化させるプログラム(合成素材)と理解しておくとよいです。

  • エフェクト
  • オーバーレイ
  • トランジション
ジーナ
ジーナ
簡単&一瞬で、元のビデオ表現を変化させてくれる、補正プログラム!

オーディオクリップ

スピーカーから聞こえる音声データは、編集ソフトに取り込むと、一律オーディオクリップとして扱われます。

  • ミュージック
  • 効果音
  • 動画と一緒に取り込んだ音声データ

編集ソフトは優秀で、ソフトに取り込んだ時・タイムライン作成時にも「あぁ、これは◎◎クリップだな」と意識することなく作業できるようになっています。

ただ、言語化&整理しておくと共有が楽です。度々飛び交うワードで、知識として理解しておきましょう。

トラック

トラックとは

トラックとは、「タイムライン内にある、横一列にクリップを収納できる箱」のことです。

▼タイムラインとトラック (画像:フィモーラ)filmora_フィモーラ_起動_クリップ追加_トラック説明

【トラックの語源】

もともとは、レコードやCDの記録媒体の構造にちなんだ呼称です。

▼ディスクの構造 イメージ

filmora_フィモーラ_トラック説明https://ja.wikipedia.org/wiki/トラック_(記録媒体)

ジーナ
ジーナ
ビジュアル的には、陸上競技のトラックの方が近いですね。

ちなみに、トラックの役割として特筆すべきは、次の2点です。

  • トラック番号と表示優先ルール
  • 2種類のトラック属性

ビデオクリップの階層(レイヤー)化と表示優先ルール

タイムラインには、同じ時間に複数のトラックを重ねる(並べる)ことができます。

【トラックを複数重ねる事で生まれるメリット】

  1. 「データを重ねる=どちらが上でどちらが下か」と言った、階層構造が実現します。
  2. ビデオクリップには、透過性(背景が透けて見えるもの)画像や、下層にしか変化を与えないプログラムがあるので、階層の上下(手前と奥)といった、表示や効果の優先順位を持ちます。

▼例えば、以下画像は、3つのクリップ(透過png含む)で構成されています。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_クリップ統合図_レイヤー

▼タイムライン インターフェースで見ると以下の様になっています。(画像:パワーディレクター)

レッドラインが重なったポイントを見ると、縦に3つのクリップが並んでいます。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_インタ-フェース

▼この3つのクリップは、上から①背景、②ネコ本体(透過png)、③ヘルメット(透過png)となっています。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_クリップ分解図_レイヤー

▼この3つのファイルを重ねて、トラック番号の大きい方から見たのがヘルメットを被ったジーナの画像になっています。

用語集_タイムライン_縦軸_イメージ_クリップ分解図_レイヤー_視点統合_方向

【並びを変えると見え方が変わる】

上記タイムラインのトラック番号を逆にしてしまうと、猫本体ヘルメットの上に透過しない背景がくるため、背景のみのムービーになります。

背景に隠れてしまったネコ本体とヘルメットの図解

パワーディレクターでは、上層の階層(トラック番号の大きいもの)ほど、タイムラインの下側に追加されていきます。

ジーナ
ジーナ
パワーディレクターだと、下から見上げるようなイメージになるね。

  • タイムラインのトラック番号の並びは、ソフトによって、上方から昇順でトラックが配置されるケースと、上方から降順に配備されるケースがあります。
  • いずれのケースでも、画像は、トラック番号の昇順で積み上げられた構造になり、積み上げられた画像をトラック番号の大きい順で見る格好になります。
  • この「縦にクリップを重ねる」ことを、「合成」と言います。

ジーナ
ジーナ
数字が小さい方が下層になるよ。

  • トラックはに並べる事で階層化できる。
  • トラックはに並べた時に、優先的に見える順番がある。

2種類のトラック属性

トラックには属性があり、異なる属性のクリップは格納できません。

【トラックの属性】

  • 映像データ:ビデオトラック・エフェクトトラック・タイトルトラック…
  • 音声データ:オーディオトラック・サウンドトラック・ミュージックトラック…

▼タイムライン トラックアイコンからわかるトラックの種類 (画像:パワーディレクター)

用語集_タイムライン_トラック属性_パワーディレクター

上記パワーディレクターを例に見た場合、アイコンは複数種類あるものの、大きくは映像データ(グリーン)音声データ(イエロー)に分類できます。

属性が同じであれば、クリップはどのトラックにも格納可能です。

例えば、タイトルクリップを、「T」マークではないビデオトラックに格納することもできますし、サウンドクリップを、ミュージックトラックに格納することもできます。

【エフェクトクリップについて】

  • エフェクトクリップは、映像データに属します。
  • ただし、ビデオクリップと共有するソフトもありますし、個別に扱うソフトもあります。

ちなみに、上記でキャプチャしたソフト(パワーディレクター)はエフェクト専用トラックも持ちます。

ムービートラックは、良くも悪くも幅広い属性を含む事ができるので、グルーピングに気をつけながら、タイムラインを組み上げていきます。

ケースによって使い分ける トラック同梱orトラック別梱

タイムラインはシンプルな方が作業し易いので、最小のトラック数でタイムラインを作るのが理想ですよ。

  • トラックを分けるケース:クリップを合成したいとき
  • 一つのトラックにまとめるケース:上書きしたい・カットしたいとき

レイヤー

レイヤーは、画像データの階層構造を指します。

トラックをレイヤーと読み替えてタイムラインを見たほうが理解し易いかもしれません。

▼映像データがレイヤー構造をしているため、次の様な特徴を持ちます。

【映像の見え方】

映像は、重ねたビデオクリップを上から覗いたような見え方をしています。

\合成画像は、透過性の画像を数枚重ねてできている/合成 素材を 透過している様の図解


重ねたクリップの一番手前が不透明属性だった場合

手前のクリップ画像は確認できますが、下に置かれたクリップがどんな画像なのか、覆い隠されてしまいます。

\不透明の背景をTOPにした場合/

背景に隠れてしまったネコ本体とヘルメットの図解

重ねられたクリップの一番手前が、セル(透過性のカラーフィルム)状のデータだった場合

下のクリップが透けて見えます。また、切り抜きタイプの画像であれば、切り抜いた部分は下のクリップが映像として映ります。

綺麗に3枚の画像が合成されて、いちまいの絵になったイメージ図

レイヤー構造を理解するための3サンプル

レイヤー構造があると、データの重ね方によって見え方が変わります

切り抜いた透過性ファイル2枚非透過性の背景ファイル1枚を使い、3パターンの「重ね方=見え方」を図解しました。

違いを確認してみてください。


▼サンプル1 上から①ヘルメット⇒②ネコ本体⇒③背景と重ねたケース

用語集_レイヤー_動画編集_重ね方と結果_パターン1
ジーナ
ジーナ
ジーナがヘルメット被った。

▼サンプル2 上から①ネコ本体⇒②ヘルメット⇒③背景と重ねたケース

用語集_レイヤー_動画編集_重ね方と結果_パターン2
ジーナ
ジーナ
ヘルメットが背景とジーナの間に入った。?

▼サンプル3 上から①背景⇒②ネコ本体⇒③ヘルメットと重ねたケース

用語集_レイヤー_動画編集_重ね方と結果_パターン3
ジーナ
ジーナ
ジーナもヘルメットも、不透明背景によって完全に隠れた。?

「タイムライン上にはあるのに、映像が表示されない!」場合は、トラック番号レイヤーの優先を確認してください。

ほとんどの場合、一番手前に見せたかったクリップが、下層のレイヤー(トラック)に入っているのが原因だと思いますよ。

ジーナ
ジーナ
サンプル2・サンプル3」のケース。

  • トラック番号が大きい方が、手前のレイヤーになる。

合成

ミキシング(オーディオクリップ)

オーディオデータを合成することをミキシングと言います。

オーディオデータも、映像データと同様に、素材やエフェクトの合成が可能ですし、レイヤー構造も持ちます。

ジーナ
ジーナ
ただし、ムービークリップのように、レイヤーによる優先効果みたいなものはないよ。

なぜなら、データを重ねて見るムービークリップとは、合成の考え方が違うからです。

  • 音声データの合成は、複数の音を統合した、アベレージな波形を作る(ミキシングする)ことです。

ジーナ
ジーナ
混ぜるので、階層や表示に優先という考え方がないだよね。

音の合成 ミキシングの考え方

音の正体はです。

複雑で立体的に感じる音も、合成すると実は1本の波形になります。

合成された音は、複数の波形の足し算ではなく、全ての音波を足して平均を出したような波形になります。

▼複数の音波を合成すると、絡み合うような波形(下図の「×」の例)になるのではなく、複雑に振動した1本の波形になります。

パワーディレクター_オーディオ_合成方法_合成イメージ_ミキシングイメージ

音の合成を「ミキシング」と呼ぶように、音声の合成はミキサーとよく似ています。

ミキサーは、中に入れるものを砕いて混ぜるだけで、優先度付けなんてものはなく、全てを砕いて等しく混ぜます。

の合成も同じです。

ジーナ
ジーナ
ミキシングとは言い得て妙!
のミックスジュースはおすすめです。そしてバナナ最強。

  • 音の合成では、レイヤー(トラック)優先順位がない

レンダリング

レンダリングとは、タイムラインにある全てのムービークリップ・エフェクトクリップ・オーディオクリップ統合することを言います。

ジーナ
ジーナ
簡単にいうと、編集中プロジェクトを合成&出力してしまうことだよ。

動画編集中にレンダリングが必要なケース・理由

編集中にレンダリングが必要になるのは次のケースです。

  • プレビューウインドウで再生すると、画面がもたつく・ノイズが発生する
ジーナ
ジーナ
綺麗にプレビューできなくなったらレンダリング推奨。
プレビューウインドウがもたついたらレンダリングが必要な理由

動画編集中のプロジェクトは、合成前の素材集まっているだけです。

【プレビュー再生 裏の処理】

プレビューウインドウの再生処理は、再生時間に合わせたスピードで、常時合成をし続けている状態です。

そのため、演算負荷が高いエフェクトを多用すると、プレビューの処理が間に合わず、動作がカクカクしたりノイズが走って見えることになります。

ジーナ
ジーナ
プレビューウインドウは、リアルタイムで素材を分解・合成・調整して、画面に投射しているようなもので、とっても負荷が高い!

【対策】

プロジェクト中のプレビューはそもそもが負荷の高い処理なので、「プレビューがスムーズでない=ソフトやPCの限界」とは限りません。

むしろ、リアルタイムに合成処理(プレビュー)するのが難しいだけ…。というケースが圧倒的に多いです。

だからこそ、対策はシンプルに次の通りです。

  • レンダリング(合成&出力してしまう)を行って、出力データを確認してみる。

ほとんどの場合、プレビューでもたついていた画像も綺麗な動画になっています。

ジーナ
ジーナ
悩むより、動く方が100倍早い!

ジーナも、重いエフェクトを重ねる時には、一度のプロジェクトに作業を集中させず、数回レンダリングしながら調整することも多いです。

ジーナ
ジーナ
レンダリングしても画質に変化がない場合は、別の問題を疑います。
  • プレビューウインドウでもたつきやノイズが発生する場合は、重ねたエフェクトや処理の負荷が大きい可能性が高い。
  • 処理は問題なく行えるケースが多いので、レンダリング(動画ファイル出力)してみるのがおすすめ。

商用利用

商用利用とは、収益を目的とした動画を作成することを指します。

そして、インターネットが発達した現代では、「収益を目的としていなくても収益が発生する可能性がある行動すべてを指す」としているケースが多いです。

  • 商用利用の適用範囲や解釈は、ライセンスを発行しているメーカーのポリシーに依存します。
  • 正確な適用については、知りたいソフトメーカーへ直接問い合わせてください。

また、動画編集ソフトには、個人アカウントビジネスアカウントを区別して販売しているケースも多く、個人アカウントでは一切の商用利用を禁じています。

※ビジネスアカウントでの利用は可能です(詳細は各メーカーでご確認ください)。

ジーナ
ジーナ
特にSNSやブログなどからの副業収入も、多くのケースで商用とみなされますので注意したいところ!

パン

パン&ズームとは

編集ソフトでよく見かける「パン」は、ズームとセットで出てくることが多い謎ワードのひとつではありませんか?

▼本来のパンの意味は次のとおり。

パン (Pan) は、映像の撮影技法の一つで、カメラを固定したまま、フレーミングを水平方向、または垂直方向に移動させる技術。垂直方向のそれを特に「ティルト」と区別し、パン、ティルトともに相互に利用され得る。パンニングとも呼ばれる。語源は「パノラマ」

引用:wiki(https://ja.wikipedia.org/wiki/パン_(撮影技法)

パンは、一般的に「カメラ横に振るように撮影するテクニック」のこと全般を言います。

ただし、動画編集ソフトでは、もう少し意味が広いです。

【動画編集ソフトの「パン」】

  • ズームイン・ズームアウトを含むコマンドの一部として扱われ、「パン&ズーム」などというコマンド名称になっていることも珍しくない。
  • だけではなく、上下運動も含んだカメラーワークの総称として使われる。
ジーナ
ジーナ
あまりこだわらず「パン&ズーム」という機能名と思っておけばよい。

カメラ業界に足を踏み入れる人は、お偉方からの突っ込みが厳しそうですが、個人で編集ソフトを操作する分には、一緒くたに覚えておけばよいレベルのワードです。

動画編集ソフトにおける【パン&ズーム】

  • フレーム(動画素材)を上下左右に振る動きズームイン・ズームアウトが一緒に出来る設定項目

※ソフトによってコマンドの名称が異なることも度々ありますが、機能としては同じ扱いになっていることがほとんどです。

アスペクト比

アスペクト比とは、画像を表示する「画面枠の比率」のことです。

以下、代表的なアスペクト比を並べてみました。

【一般的に使われるアスペクト比】

一般的に使われる画面の比率は「4:3」か「16:9」がほとんどです。

  • 4:3 結婚式・披露宴牧師の前で指輪を交換する新郎新婦の手元のアップ
  • 16:9 結婚式・披露宴・ユーチューブ動画編集を楽しむ男性の後ろ姿
フィモーラ_クロップ_アスペクト比_アスペクト比説明

 

動画編集ソフトは、最初にオープニング画面アスペクト比を指定して、製作を始めるのがセオリーです。

後から変更もできますが、アスペクト比の変更は、素材のレイアウトにも影響する項目なので、製作終盤で変更するのは修正が大変になります。

ジーナ
ジーナ
共有機材(動画投稿サイト・式場のプロジェクター)などに合わせて作るのが一般的。

ちなみに、わたしは、クライアントの指定がない限り、「16:9」オンリーです。

よく利用するプラットフォーム(ユーチューブなど)が、16:9推奨だからです。

プロジェクトファイル

プロジェクトファイルとは、編集ソフトで行われた「編集プログラムデータ」の事です。

また、編集ソフト特有の拡張子を持っていて、作成したソフトでないと開けません

編集ソフトメーカーによって、拡張子は異なります。

  • Premiere Pro:◎◎◎.prproj
  • パワーディレクター:◎◎◎.pds
  • フィモーラ:◎◎◎.wfp

なお、プロジェクトファイルには、動画編集時に使ったすべてのデータが含まれていると思いがちですが、以下のデータはプロジェクトファイルに含まれません

【プロジェクトファイルに含まれていないデータ】

  • ムービークリップ
  • オーディオクリップ
  • タイトルクリップ
  • …etc

▼プロジェクトファイルに含まれないデータのリンクが外れると、「メディアファイルが見つかりません。移動したか削除したんじゃないですか(*’ω’*)?」と、無邪気にソフトに言われてしまいます。

▼エラーメッセージサンプル(画像:パワーディレクター)|この後、リンクが外れたデータを一つずつ「参照」していくことでリカバリできますが、たいてい行方不明なことが多いです。

パワーディレクター_操作方法_メディアのリンク切れ_エラーメッセージ
ジーナ
ジーナ
参照できない時は、気持ち切り替えて作り直しです( ゚Д゚)!

保存データのリンク切れを防ぐために、作業ファイルの保存方法はフロー化するのがおすすめです。詳しくお知りになりたい人はこちらをご覧ください。
※パワーディレクターで説明していますが、編集ソフト共通です。

トランジション

トランジションとは、クリップを切り替える時に用いるエフェクトの一種です。

【トランジションの種類】

  • ディゾルブ:前後のクリップが少しずつ重なりながら切り替わります。フェードイン・フェードアウトと組み合わせて使われます。
  • ワイプ:ふき取るという名称どおり、前のクリップがふき取られるようにクリップが切り替わっていきます。
  • アニメーション(ディゾルブ×ワイプ):gifアニメーションを組み合わせたユニークなものが多数あります。

種類に関係なく「トランジション」・「ディゾルブ」・「ワイプ」のいずれかで呼ばれることも多いです。

家庭向けの動画編集ソフトは、ユニークなトランジションを標準で大量実装しています。

▼フィモーラのトランジションサンプル|一部です。

エフェクトなので、インパクト効果派手です。

ジーナ
ジーナ
そして、使いどころを見極めずに乱発すると、ケバいだけのムービーになります。
  • 基本はトランジションに頼りすぎず、クリップを繋いでいくのがおすすめです。

何事もメリハリが大事です。

▼トランジションの活用シーンは、大きく2パターンです。

【トランジション 活用シーン】

  • ディゾルブ依りのトランジション:ムービーが切り替わるインパクト抑えたい時
  • ワイプ依りのトランジション:ムービーが切り替わるインパクト強調したい時

トランジションのテイストによってうまく使い分けていきましょう。

エフェクト(effect)

エフェクトは、元々の映像データの見え方を変えてくれる加工プログラムです。

  • 性質上、エフェクトクリップ単独では使えません
  • 必ずムービークリップと合成する、合成素材です。

色味テクスチャを変えるものから、歪み振動を加えるなど、アニメーションにも似た効果を付与するものがあります。

▼パワーディレクター エフェクトサンプル|標準搭載エフェクトの一部です。

プログラムによる一括変換が行われるため、ほとんどのエフェクトは、画面全体に効果が及びます。

あまりにも印象が激変することから、単に「特殊効果」とも呼ばれます。

【エフェクトが及ぼす範囲効果】

  • 色調変更
  • アニメーション追加
  • レイアウト変更
  • テクスチャ変更

また、上記のサンプルムービーでも出てくる「雷」「炎」のエフェクトは、合成用の透過アニメーション素材と似ていますが、次の点で異なります

【透過アニメーションとエフェクトの違い】

  • クリップ単体との合成が可能

エフェクトは、ただの透過クリップではなく「画像を変換するプログラム」です。

そのため、特定のクリップのみに効果を反映することができ、より複雑な表現が可能になっています。

なお、動画編集で使うエフェクトは、元素材を傷つけることなく、簡単に付け外しができます。

ジーナ
ジーナ
デジタル編集ソフトの最大の利点

一瞬で効果を変えられるので、誰でも気軽にプロ気分が味わえます。

オーサリング・ファイナライズ

オーサリングファイナライズは、DVDプレーヤーで動画データを再生するために必要なデータ処理です。

セットで話題になるのは、DVDプレイヤーでうまく再生できない原因として、オーサリングファイナライズ片方、もしくは両方が行われていないことが多いからです。

「自宅のPCではちゃんと再生されるのに、DVDプレイヤーや会場では再生されない!?」

そういった場合は、オーサリング・ファイナライズ漏れを疑いましょう。

オーサリング
  • オーサリングとは:DVDプレイヤーで再生できるデータ形式(DVD-video形式)に変換&書き込みすること
BDプレイヤーでも、オーサリングの必要性・考え方は同じです。データ形式をBDMV/BDAVと読み替えて読み進めてください。

映像データには、AVI・MVO・MP4など、様々なデータ形式がありますが、DVDプレイヤーで再生するには、DVD-Video形式で保存される必要があります。

ジーナ
ジーナ
DVDプレイヤーは、DVD-Video形式以外のファイル形式で再生することはできません。

ちなみに、DVD-Video形式で保存されているかどうかは、保存されたフォルダを開けばわかります。

【DVD形式 見分け方】

正しく保存されていないケース

DVD-video形式で保存されると、VIDEO_TS・AUDIO_TSというフォルダ階層が作られます。

▼以下のように、VIDEO_TSフォルダもなく、一般的なムービーデータが入っているだけのデータは、オーサリング未処理です。

オーサリング_未処理のデータ_見分け方1

【DVD-Video形式で保存されているケース】

▼以下のように、VIDEO_TS・AUDIO_TSというフォルダがあれば、原則、DVD-Video形式での保存に成功していると見てよいです。

オーサリング_未処理のデータ_見分け方2

【VIDEO_TSフォルダの中身】

  • DVD-Videoファイルの拡張子は「◎◎.VOB」をはじめ、「IFO、BUP」というファイルが複数格納されています。
  • フォルダ構造や構成ファイルに問題がなさそうなのに、プレイヤーで再生できない時は、フォルダ構造だけを取り繕っただけの、なんちゃってデータ構造の可能性があります。
  • この場合、見た目はまともそうでも、再生することができません。

プレイヤーで再生させるためには、定義に沿ったフォルダ構造が必要で、オーサリングソフトを介さない単純なデータコピーでは、構造を完璧に複製することはできません。

こうなると、ぱっと見はよくわからないので、元データを、オーサリングし直すのが手っ取り早い解決法です。

「DVDの書き込みはできるのに何で!?」という人がいますが、「データを書き込み出来ること」と、DVD-video形式に変換して書き込む「オーサリング処理ができること」別物です。

ジーナ
ジーナ
DVD・BDプレイヤーで動画データを再生させるためには、データの変換が必須!

【オーサリングを行うために必要なもの】

  • オーサリングするには、オーサリングするための専用ソフトが必要です。

パソコンに最初から入っていることはあまりないので、手持ちがなければ、オーサリングソフトを別途購入するか、フリーウェアをダウンロードする必要があります。

編集☆ジーナで紹介している動画編集ソフトは、DVD出力時自動的にオーサリング処理を行います。

ファイナライズ
  • ファイナライズとは:再生可能なDVDへと、データ配列を変える(書き込み完了)処理のこと
BDプレイヤ―には、ファイナライズは不要です。

ファイナライズ処理をされたDVDは、容量が残っていても追加の書き込みはできません。

イメージ的には、データの追加書き込みができないようにDVDを密閉することをファイナライズと言います。

  • ファイナライズは、書き込んだPCがあれば、特別なソフトは不要で行えます。
  • ただし、書き込んだPC以外ではファイルを開くこともできません

一般的に、ファイナライズ漏れのDVDは、書き込んだPC以外で開くことはできません。

▼ファイナライズ漏れは、空き容量の差で、なんとなく可能性を疑うことはできますが、作成PCで中身を確認する以外、開くことすらできないので、はっきりとはわかりません。

また、作成したPC以外でのリカバリ方法は、原則ありません

dvd出力_フィモーラ_dvd_video形式ではない
ジーナ
ジーナ
ファイナライズ漏れがはっきりしない時には、オーサリングからやり直すのが、手っ取り早い&確実な方法だよ。

有料の動画編集ソフトを使ってDVD出力する分には、あまり意識する必要はありません。

動画の画質

画像解像度・画素数・プログレッシブ・インターレース

画質に関連する指標はいくつかありますが、動画編集に関連する画質の指標は次の通りです。

  • 画像解像度
  • 画素数
  • 走査方式(p/i)

色んなシーンでも使われる指標なので混乱しやすいです。

品質とデータ量は有限なので、色んなものとトレードしながら、作品に応じたものを選びます。

正解のない世界なので、あまり深入りしないことが正解な気がします。

▼ボリュームが大きくなったので、1ページ作りました。よろしければこちらをご覧ください。

サラウンドシステム

ホームシアターなどのサラウンドシステムについてまとめました。

動画制作の場合、ほとんどの人が「映像データ>音声データ」で作っていると思いますので、音質へのこだわりは少ないかもしれません。

とはいえ、出力(書き出し)設定にある以上気になりますよね(*’ω’*)?

▼マニアになりすぎない、動画編集者が知っておいて損はないレベルで、サラウンドシステムについてまとめました。もしよければこちらをご覧ください。

永久ライセンス

永久ライセンスとは、一度ライセンスを購入すると、以後バージョンアップ費用も不要で、永続的に利用できるライセンスのことです。

メーカーによって、呼称が異なる場合があります。

一般的なライセンス購入

通常の買い切りタイプのソフトウェアは、購入時点のバージョンのみ、永続的に利用することができます。

ただし、ソフトウェアを取り巻くOSや外部環境は日々変化していくため、定期的なバージョンアップが必要です。

  • 更新されたバージョンアッププログラムを利用するには、改めて新バージョンのプログラムを購入する必要があります。
  • 継続購入の場合は、新規購入に比べると、10%~30%程度の割引が適用されることが多いです。

ジーナ
ジーナ
長期利用には大変お得な契約方法!

【永久ライセンスとは】

  • 追加料金不要で、永久に最新バージョンを利用できる。

最期に

情報の加筆・修正は適宜行います。

欲しい情報などあれば、ツイッターや問い合わせフォームから要望いただけたら幸いです。

RELATED POST