フィモーラ

フィモーラで早送り・スロー・逆再生・フリーズフレームをやる方法

speed_フィモーラ_速度調整_方法_早送り・スロー再生・逆再生・フリーズフレーム

ムービーの再生時間を変えてしまうユニークな編集方法を紹介します。

\再生速度を変えて繋げただけのシンプルなムービー/

操作のクセなども併せて紹介していきますので、ぜひお役立てください。

フィモーラで再生速度を変える方法

フィモーラの速度調整で出来るのは次の4つです。

【フィモーラの速度調整機能で出来ること】

  • 早送り再生
  • スロー再生
  • 逆再生
  • フリーズフレーム(一時停止画像)

操作は、「速度調整」ボタンから開く「スピードをカスタマイズ」ウインドウで行います。

【スピードをカスタマイズ ウインドウの起動方法】

速度調整したいクリップをクリック(クリップが水色の枠に囲まれます)

クリップを選択したところのキャプチャ

速度調整ボタンをクリックフィモーラ_速度調整_メニュー_ボタン_選択_方法


「スピードをカスタマイズ」を選択フィモーラ_速度調整_メニュー_操作方法

スピードをカスタマイズ ウインドウが起動したら、調整開始です。

次項より解説していきます。

操作できるクリップはムービークリップ・オーディオクリップのみです。

  • タイトルクリップは操作不可。

倍率に合わせてスピードを変えるやり方

2倍速・3倍速といった、倍率に合わせたスピード調整をしたいなら、以下のパラメータを操作します。

\倍速のコントロール欄/

フィモーラ_速度調整_メニュー_倍率調整

操作は簡単で、スライダーをドラッグするか、値への直接入力で行います。

再生時間に合わせてスピードを変えるやり方

例えば、「もともと5分のクリップを1分にしたい」といった、クリップ単位の時間で再生スピードをコントロールするのが、以下「再生時間」パラメータです。

\再生時間のコントロール欄/

フィモーラ_速度調整_メニュー_クリップに合わせて調整する_スピードをカスタマイズ_使い方

スライダーはないので、値を直接入力してコントロールします。

ちなみに、「:」で区切られたパラメータの意味は次の通り。

  • 時間:分:秒:フレーム数

編集に慣れてくると、倍速で可変するより、再生時間で変更するほうが使い勝手が良いです。

設定した速度の解除方法

速度の解除は、値の修正で行います。

最も簡単なのは、倍速のパラメータに「1.0」を入力する方法です。

フィモーラ_速度調整_メニュー_倍率調整

補足:リップル編集について

デフォルトでチェックの入っている「リップル編集」は、基本的にチェックを付けたままでよいです。

フィモーラ_速度調整_メニュー_クリップに合わせて調整する_スピードをカスタマイズ_使い_リップル編集

リップル編集とは、クリップを追加した時に、合成済みエフェクトがずれないようにするフラグです。

普通は外す意味もないため、外さないでおくのがおすめです。

フィモーラで映像の逆再生をする方法

逆再生のやり方

フィモーラの逆再再生は、「□逆再生速度」というチェックボックスにチェックすると機能します。

フィモーラ_速度調整_メニュー_クリップに合わせて調整する_スピードをカスタマイズ_使い方_逆再生速度

倍率・再生時間へ値を入れると、逆再生に合わせて速度変化します。

フィモーラ_速度調整_メニュー_クリップに合わせて調整する_スピードをカスタマイズ_使い方_逆再生速度1

「フリーズフレーム」の使い方

フリーズフレームとは、ダンクの瞬間・ジャンプの最高地点など、一瞬ポーズが掛かかったようなドラマチックなシーン演出で用いられる編集方法です。

動画をキャプチャ&分割&結合することでも作れますが、面倒な手間なく差し込める便利な機能です。

フリーズフレームの基本的な使い方

フリーズフレームは、一時停止するポイントを指定するため、必ずタイムラインスライダーフリーズポイントに移動する必要があります。

ジーナ
ジーナ
クリップをクリックしただけだと、メニューは表示されないよ。

【フリーズフレーム 設定方法】

  1. クリップをクリック。
  2. ポイントにスライダーを移動。
  3. 速度調整ボタンをクリック。
  4. メニューからフリーズフレームをクリック。

\操作方法 図解/フィモーラ_速度調整_メニュー_使い方_フリーズフレーム1

フリーズフレームをクリック直後、以下のようにフリーズフレームが自動で挿入されます。
フィモーラ_速度調整_メニュー_使い方_フリーズフレーム2

ジーナ
ジーナ
フリーズフレームが挿入される5秒分、タイムラインは伸びる。

フリーズフレームが挿入されたことで、もともと一つのクリップも、実質3つに分割された状態になります。

各クリップは、個別の時間調整もできるのでご安心あれ。

フィモーラ_速度調整_メニュー_使い方_フリーズフレーム_補足

一時停止時間の調整方法

フリーズフレームへの時間調整は、2つの方法で行います。

【フリーズフレームの時間調整のやり方】

値入力で変更

「フリーズフレーム」クリップをクリックすると表示される「再生時間設定」をクリックします。

再生時間設定ウィンドウが起動するので、値入力を行います。

フィモーラ_速度調整_メニュー_使い方_フリーズフレーム_時間調整

クリップのドラッグで変更

「フリーズフレーム」クリップをクリック後、クリップの端にマウスポインタを近づけます。

ポインタが変わったところで、ドラッグすると変更できます。

フィモーラ_速度調整_メニュー_クリップに合わせて調整する_使い方_フリーズフレーム_再生時間調整_ドラッグ

フリーズフレームの解除方法

フリーズフレームの解除は、クリップ全体のエフェクト解除扱いとなります。

解除するクリップに、フリーズフレーム以外のエフェクトをかけていた場合は、全てリセットされます。

やり方は、クリップを右クリックし、「エフェクトを削除」を選ぶだけ。

フィモーラ_速度調整_メニュー__使い方_フリーズフレーム_削除
  • 解除は、クリップ単位のエフェクト解除のみ

クイックに速度を変える方法

フィモーラのスピード調整では、クイックな変更もできます。

できる内容は、プリセット倍速への変更初期化です。

なお、メニューは「速度調整」ボタンで開く「スピードをカスタマイズ」ウインドウに見えています。

フィモーラ_速度調整_メニュー_スピードをカスタマイズ_使い方_フリーズフレーム_クイック調整

シンプルな速度編集ならココで充分事足ります。

まとめ

フィモーラのスピード編集は、直ぐに初期値に戻せますので、目立った注意点もありません。

せいぜい、フリーズフレームを使うときは、その他エフェクトを合成する前に編集した方がよいことくらい…です。

楽しい機能なので、ぜひ、お試しくださいませ。

以上、フィモーラの速度調整に関連する編集方法 の解説でした。

人_マグカップに口をつけながら未来を予想しながら視線を外す女性

それでは、引き続き編集作業をお楽しみください(*’ω’*)☆

RELATED POST