フィモーラ

フィモーラのtips|マニュアルには書いていない!?小さな覚書集

Filmora tips_クリップをまとめて移動する_時間の目測方法

マニュアル化するほどでもない、小さなコツtipsをまとめました。

目次を見て、貴方の探していた情報があれば、お役立ていただけたら嬉しいです。

使える!フィモーラのショートカット

わたしが最も使うのは以下4つのショートカットキーです。

ジーナ
ジーナ
ほぼタイムラインスライダーに関係するものだね。

【愛用ショートカットキー 一覧】

項目キー
一つ前に戻るCtrl+Z
タイムラインスライダーのコマ送り:フレーム単位←・→
クリップの頭出し・末尾へ移動↑・↓
プロジェクトの頭出し・末尾へ移動Home・End

中でも暗記必須なのは「Ctrl+Z」「←・→」で、トライ&エラーのスピードが格段に増します。

キーボードの←(左)→(右)キーの画像

エレメントの色を変える方法

フィモーラの合成素材「エレメント」は、色を変えられます。

\フィモーラのエレメント サンプル/

フィモーラのエレメントサンプル

「デザインはいいのに、色が残念!?」というときは、ぜひ使ってみてください。

【エレメントの色を変える方法】

以下のエレメントのカラーを変更してみます。

フィモーラのエレメントサンプル


プロパティを開く

タイムラインに追加したエレメントクリックをダブルクリックし、プロパティ画面を開きます。開いたら、「色」タブをクリックします。

フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_色調整2


カラー調整を行う

操作するパラメータは、「ホワイトバランス」・「トーン」だけで充分です。

スライダーを左右に動かし、プレビュー画面を見ながらよき位置を探りましょう。

ジーナ
ジーナ
カラーコントロールが作用するときには、ホワイトバランスの「色温度」と「色合い」だけでもかなり変わるよ。

フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_色調整3_方法


変更サンプル

ホワイトバランスの2パラメータ(色温度・色合い)だけで調整したエレメントのカラー変化は次のとおり。

フィモーラ_フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_色調整_設定効果比較エレメント_プロパティ調整_色調整1

カラー変更は、元素材の色味に影響する

  • ホワイトに近いほど:綺麗なカラーコントロールが可能。
  • ブラックに近いほど:変化しにくい。

ホワイトバランスでカラーが変わらない場合

  • 恐らく、素材がブラックに近いはずで、カラーコントロールの限界と思ってあきらめてください。

ちなみに、ホワイトバランスの「色温度」と「色合い」のパラメータは色味のバランスなので、両方を操作して色味をコントロールします。

\ホワイトバランス スライダーの位置とカラーの相関/

フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_色調整4_方法

ジーナ
ジーナ
単純な色の強弱じゃないんだよ。

なお、色調整については、「ホワイトバランス」・「トーン」以外の設定項目もありますが、やっていることは同じなので、特に開く必要はありません。

ちなみに、カラーコントロールは設定しすぎても心配不要です。

\パラメータの初期化ボタンがつき/

フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_初期化ボタン

ジーナ
ジーナ
トライ&エラーもし放題。

クリップの所要時間を簡単に確認する方法

編集中に小まめにチェックするのが、タイムライン素材時間です。

以下2点を覚えておくと編集効率が上がります。

【タイムラインと素材の時間の見方】

タイムラインの時間の見方

タイムライン上部のグリッドが時間を表しています。

ココを参照することで、ムービー全体を俯瞰した時間管理ができます。

10_フィモーラ_ミュージック_BGM_クリップ追加_方法_コツ_時間を読む
  • 「1メモリ/秒」は目盛り(グリッド)の表示幅を変えると変わります。
  • 固定値ではないので、自分の見ている秒間でメモリ単位を計算する必要があります。

クリップの所要時間の見方

クリップマウスポインタを当てることで時間が表示されます。

※クリックはしない。

11_フィモーラ_ミュージック_BGM_クリップ追加_方法_コツ_時間を読む

オーディオクリップなど、差し込める時間に制約がある時は、とても必須です。

クリップをまとめて移動する方法と注意点

クリップは、複数個をまとめて移動することができます。

クリップのグループ移動風景

やり方は次のとおり。

【クリップをまとめて移動する方法】

やり方は簡単で、まとめて動かしたいクリップを含むように、マウスをドラッグするだけです。13_フィモーラ_ミュージック_BGM_クリップ追加_方法_コツ_まとめて操作

なお、グループから一つだけ除外したいor一つ加えたいときには、以下のショートカットで、クリップ単位の付け外しができます。

  • Ctrl+左クリック(win)

基本的には、以下の操作手順がおすすめです。

  1. 広範囲を一括指定。
  2. いらないクリップをCtrlを押しながら右クリック(1ずつ解除)。

なお、まとめて移動したくないクリップがあれば、トラックのロック機能を使うのがおすすめです。

エフェクトクリップのモーションをデモ再生する方法

プリインストールされたエフェクト類は、いちいち合成しなくても、エフェクトモーション(動き)をチェックすることができます。

【クリップのモーションをチェックする方法】

(+)マークじゃないところをダブルクリックすると、プレビューウインドウに合成イメージがプレビューします。

フィモーラ_トランジション_操作方法_デモ画面再生2

モーションの使い方と注意点

フィモーラでは、ムービークリップパターン化された動きを加えることができます。

透過GIF画像で使うのがおすすです。

【モーションの使い方】

プロパティ ウインドウを開く

モーションを組み込みたいムービークリップをダブルクリックして、プロパティ画面を開きます。

プロパティウインドウが起動したら、「モーション」タブを選択します。フィモーラ_モーション_方法1


ライブラリからモーションを選択する

動きをプレビューウインドウでチェックしながら、良ければOKをクリックすると、設定は完了します。

解除は「×」クリップをダブルクリック。 フィモーラ_モーション_方法2

ちなみに、タイミング軌道といった細かい調整できず、合成結果も予測し辛いため、トライ&エラーするしかありません。

  • 軌道予測不能
  • 再生スピードクリップの長さである程度予測可能。

【再生スピードについて】

基本的には、クリップの長さによって、再生スピードが異なります。

所要時間の異なる3種類のクリップに、同じモーションを合成し比較したムービーがコチラ。

クリップの長さでモーションスピードが変わります。

  • 上のクリップ(所要時間:3秒):リズミカルなモーション。
  • 左のクリップ(所要時間:6秒):大らかなモーション。
  • 右のクリップ(所要時間:9秒):もったりとしたのんびりモーション。

【すべてのクリップにランダムに適用】

モーションタブで、モーションクリップを右クリックすると、「すべてのクリップにランダムに適用する」・「すべてに適用」の選択肢があります。

これは、トラック単位の全てのクリップを指します。

全プロジェクトへ反映するわけではありません。

フィモーラ_モーション_方法_全てに適用

いまはここまで。

思いついたら適宜追加します。

人_マグカップに口をつけながら未来を予想しながら視線を外す女性

それでは、今日も楽しい編集を(*’ω’*)☆

RELATED POST