フィモーラ

フィモーラのタイトル(テロップ)編集・操作方法を徹底解説するよ。

タイトルクリップ_フィモーラ_操作方法_テキスト修正_編集方法

フォモーラを使ったテロップの入れ方・テキストの変更・エフェクトの使い方を、フィモーラ初心者向けに解説します。

フィモーラのテロップは、広範囲な装飾もできますので、ぜひイロイロと操作してみてください。

クリップ追加-0001-1

フィモーラのタイトル

概要

フィモーラでは、テロップ素材の事をタイトルクリップと呼びます。

タイトルクリップの特徴は次の通り。

【タイトルクリップの特徴】

  • テキストを自由に変更できる。
  • カラー・フォント・大きさを変更できる。
  • モーションを付けられる。
  • 画像と同じくエフェクトを合成できる。

データの種類が透過性画像と同じなので、オリジナル加工も簡単にできます。

タイトルライブラリとカテゴリ

フィモーラでは、豊富なタイトルクリップを、タイトルライブラリに格納しています。

予めいくつかのカテゴリ分けがされているので、目的に合わせた絞り込みも簡単です。

\タイトルライブラリのカテゴリ項目/フィモーラ_タイトル_カテゴリ

シーン別のおすすめカテゴリは次の通り。

【シーン別 おすすめカテゴリ 一覧 】

おすすめシーンオープニングタイトルテロップ字幕エンディング
オープニング   
作中   
エンディング    
特徴

背景ありアニメーション&モーション

背景なし&モーション

背景ありアニメーション&モーション背景なし&控えめなモーションエンドロールなど、エンディング向けモーション

テンプレート感のあるものを使いたいなら、オープニング・テロップから探すのがおすすめです。

オリジナル感を出したいなら、背景やアニメーション少なめな、タイトル・字幕から探すのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
ソート機能なので、無理に使うこともないよ。

タイトルの追加(合成)方法

タイトルクリップの追加は、基本的にマウスのみで行います。

手順は次の通り。

【タイトルクリップの追加手順】

  1. タイトルメディアに切り替え、クリップのモーションをチェックする。
  2. クリップをタイムラインへ追加する。

❶タイトルメディア切り替え&クリップのモーションをチェックする

まず最初に、上部の「T」アイコンをクリックし、「タイトルメディア」へ切り替えます。

\メディアの切り替え/

フィモーラ_タイトル_追加_方法

130個を超えるフィモーラのタイトルは、ほとんどがモーション付きなので、クリップ追加する前にモーションをチェックしておくのがおすすめです。

【クリップのモーションを確認する方法】

クリップのモーションをチェックするときは、サムネイルの(+)以外をダブルクリックします。

 

フィモーラ_エレメント_合成方法_デモ再生

ジーナ
ジーナ
(+)をクリックすると、タイムラインに追加されるよ。

【ミスした時に便利な「戻る」ボタン】

ミスした時には一つ前の作業に戻る、「戻る」ボタンが便利です。

ぜひ覚えておきましょう。

\インターフェース中央左端にあるよ/

戻るボタンの位置

ちなみに、「戻る」ボタンは、ショートカット暗記がおすすめです。

  • Win:ctrl+z
  • Mac:command + Z

❷タイトルクリップをタイムラインに追加する方法と注意点

クリップの追加は、ライブラリに表示されているサムネイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップするだけの直感操作です。

フィモーラのエフェクト合成図解

追加時のポイントはたった一つです。

【タイトルクリップ追加時のポイント】

  • 上位レイヤーのトラック(番号が最も大きいもの)にテキストクリップを追加すること。

トラックには見え方の優先順位があるため、タイトルクリップは最も上面に置かないと、背景の画像に隠れる可能性があります。

\トラックの並びと見え方の優先順位 図解/

filmora_フィモーラ_トラック説明_優先2

ジーナ
ジーナ
フィモーラの初期設定では、上方が上位レイヤーになるよ。

テキストの変更方法

タイトルの初期テキストは、「YOUR TEXT HERE」「YOUR TITLE HERE」なので、原則は変更して使います。

テキストの修正は次の3STEPで実施します。

【テキスト変更の手順】

  1. 高度編集ウインドウを開く。
  2. テキストを変更する。
  3. フォント・大きさ・配置・行間を調整する。

❶高度編集ウインドウを開く

まずは「高度編集」を開きます。

開き方は次の通り。


タイムラインから、調整したいタイトルクリップをダブルクリックするフィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_方法1


「高度編集」をクリック

展開したプロパティ画面の右下にある、「高度編集」というボタンをクリックします。 フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_方法2


起動すると、以下の「高度なテキスト編集」ウインドウが起動します。 フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_方法3

ちなみに、高度なテキスト編集ウインドウを起動した直後だと、修正したいテキストがプレビューウインドウに見えない時があります。

その時は、タイムラインスライダーを中央部分へ移動してください。

【高度編集ウインドウで修正したいテキストが表示されていない時の対策】

タイトルクリップ自体がタイムラインを持っているため、フェードイン効果や表示タイミングをずらしたテキストがあれば、初期パラメータ(0時間)だとプレビューされません。

お目当てのテキストがプレビューされていない時は、真ん中くらい迄スライダーを動かすことで、全てのテキストが見えて作業し易くなります。

\高度なテキスト編集のタイムライン/フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_方法4

実は、高度なテキスト編集ウインドウまで開かなくても、プレビューウインドウからテキスト修正はできます。

ただし、押し間違い・モーションをズラしてしまう・お目当てのテキストをクリックできない…など、操作ミスが起こりやすいため、おすすめしません。

ちょっと遠回りに見えますが、テキスト修正は「高度なテキスト編集」から行うのがおすすめです。

❷ テキストを変更する

テキスト修正は、以下のように進めます。

  1. タイムラインから、修正したいクリップをクリックする。フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_テキストレイアウト変更_クリック

  2. 「テキストを入力」欄で、テキストを修正する。フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正1

\高度なテキスト編集 操作方法の図解/
フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正0

プレビュー画面に表示されるテキストをクリックしたくなりますが、狙ったクリップを選択できなかったり、レイアウトが動いたりしますので、おすすめしません。

【高度なテキスト修正 やり方のコツ】

  • テキストの指定は、タイムラインで行う。
  • テキスト修正は、入力欄で行う。

ジーナ
ジーナ
遠回りのようだけど、これが一番確実で早いやり方なんだ。

❸フォント・大きさ・配置・行間を調整する

テキスト編集用のエディタの使い方は、一般的なオフィス系のソフトと同等で、「テキスト選択⇒ボタンをクリック」の流れで行います。

\高度なテキスト編集 テキストエディタの位置/

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正2

フォント・大きさ・配置・行間の調整手順は次の通り。

テキストを入力欄で、調整したいテキストを全選択

  • マウスでドラッグし、変更したいテキスト部分が反転表示できたらOKです。
フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正1 ※入力欄でテキスト選択すると、プレビュー画面も網掛け表示されます。

テキストエディタの各種ボタンをクリック

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正2

変更内容を確認

エディタのボタンクリック直後にプレビューウインドウのテキストも変化するのでわかりやすいです。

\テキスト変更 比較/フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正4

行間揃えなどの便利な機能も充実しており、使いやすいです。

タイトルの変形・移動・回転のやり方

変形・移動・回転は、プレビューウインドウ内で行います。

【使う画面と操作手順】

タイトルクリップの選択(指定)タイムラインで行う。

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_テキストレイアウト変更_クリック

タイトルクリップのレイアウト調整プレビューウインドウで行う。

高度なテキスト編集ウインドウのプレビューウインドウ

各操作方法は次の通り。

サイズ変更

プレビュー画面に表示された「クリップの中央付近」をクリックすると表示される、8か所のドラッグポイントを使います。フィモーラ_エレメント_サイズ変更1ポインターをドラッグすると、簡単にサイズ変更ができます。 フィモーラ_エレメント_サイズ変更2


移動

クリップの中央付近にマウスポインタが全方向矢印になるポイントがあり、そこでドラッグすると自由に動かせます。フィモーラ_エレメント_移動


回転

クリップの範囲を示す点線の上部に、丸が突き出たようなアイコンがあります。

マウスを近づけて、以下のようなポインタに変わるところでドラッグすると、クリップが回転します。 フィモーラ_エレメント_回転

基本的に、オフィス系ソフトの図形操作と同じです。

【高度なテキスト編集】プリセットメニューの使い方

高度なテキスト編集のプリセットメニューを使うと、簡単にテキストをカスタムできます。

「気分変えたい…」と感じた時には、最初に触ってみてください。

【プリセットスタイル 操作方法】

メニュー左上の「プリセット」タブをクリックフィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_プリセット2


クリップを選択後にテンプレートを選択

タイムラインからクリップを選んだ時点でテキストが全選択されています。

あとはテンプレを選ぶだけで、テキストが一瞬で変更されます。 フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_プリセット3

テンプレートは一瞬でテイストを変えてくれるので、とても楽ちんですよ。

\テンプレートで変化したテキストサンプルの例/
フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_プリセット1

【高度なテキスト編集】のカスタマイズメニューの使い方

カスタマイズメニューを使うと、塗りつぶし設定・境界線設定・テキストシャドーを自由に設定できます。

▼まずは、高度設定の「カスタマイズ」タブに切り替えておきましょう。

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_カスタマイズ

プリセットメニューに頼らなくても、カスタマイズメニューで同じことができます。

カスタマイズ|テキストのカラーを変更する方法

テキストのカラー変更は、「テキストの塗りつぶし」で行います。

【テキストカラーの変更方法】

タイムラインからクリップを選ぶ

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_テキストレイアウト変更_クリック

「□ テキストの塗りつぶし」にチェック

テキストカラーと太さを調整します。

  • カラー変更:「色」欄を選択することで表示されるカラーチャートから選択します。
  • 太さ:「エフェクト」から、10パターンを選択します。
フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_テキストの塗りつぶし

 


その他:グラデーション・タイプ・ぼかし・不透明

「タイプ」という設定では、2色グラデーションや、粒子感のあるイメージ塗りつぶしが選べます。

※ぼかし・不透明はイメージし易いのでキャプチャは割愛します。フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_テキストの境界線_テキストの塗りつぶし1

カスタマイズ|「テキストの境界線」メニューの使い方

テキストの輪郭にそって、をつけたり消すことも可能です。

簡単にポップな印象にしてくれます。

【テキスト境界線の使い方】

タイムラインからクリップを選ぶ

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_テキストレイアウト変更_クリック

「□ テキストの境界線」をチェック

境界線のカラー・ぼかし具合・サイズをスライダーを左右に動かしながら調整します。

プレビューウインドウが、リアルタイムに連動するので、効果を確認しながら調整できます。フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_テキストの境界線

使い方はイロイロで、ぼかし&不透明度をコントロールすると、ほのかに発光したような表現も可能です。

\境界線エフェクトのサンプル|ぼかし効果/

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正_テキストの境界線_ぼかし比較

カスタマイズ|「テキストシャドー」メニューの使い方

一般的に「ドロップシャドー」と呼ばれる、テキストから影が落ちるような効果を作るエフェクトです。

【テキストシャドーの使い方】

タイムラインからクリップを選ぶ

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_テキストレイアウト変更_クリック

「□ テキストシャドー」をチェック

タイプ・不透明度・ぼかし・距離を少しずつ操作しながら、ちょうどよいシャドウを作ります。

  • :影の色を選びます。フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_ドロップシャドウ_カラー
  • タイプ:影の向きを選びます。フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_文字修正テキストシャドー
  • ぼかし:滲んだような効果を生みます。フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_ぼかし
  • 距離:値が大きくなると、影が長くなります。フィモーラ_エレメント_プロパティ調整_ドロップシャドウ

タイトルにアニメーションを追加する方法

タイトルクリップのモーションは、実は、このアニメーションを使うことでほぼ再現できます。

【アニメーションの使い方】

「アニメーション」タブをクリックする

フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_アニメーション

アニメーションのモーションを確認する

サムネイルにマウスが当たると、サムネイル内で簡単なデモを表示してくれます。

ただ、プレビューウインドウで見た方が分かり易いので、興味のあるものは、どんどんダブルクリック⇒プレビューウインドウでチェックしく方が早くておすすめです。
フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_アニメーション


ワンクリックでアニメーションを決定する

実は、クリックした時点でサムネイルの枠が青く表示され、選択完了の状態になっています。

※ワンクリックでもダブルクリックでも同じ。

ちなみに、アニメーションは追加した実感が持てない操作なので、以下の点に注意します。

【アニメーション追加の注意点】

  • クリックした瞬間にクリックしたアニメーションが確定されるため、不要の場合は、必ず「アニメーションなし(×マーク)」をクリック(選択)しておく。
フィモーラ_タイトルクリップ調整_高度編集_アニメーション1

まとめ

動画編集を楽しむ男性の後ろ姿

映像だけで魅せる・伝えるには技術と経験が必要なため、タイトルクリップの活用は、初心者にもおすすめの編集テクニックです。

また、テキストのフォントやカラーが変わるだけでもムービーの印象は変わるため、早めにマスターしておきたいテクニックでもあります。

操作に余裕がでてきたら、ぜひ気軽に触ってみてください。

ちなみに、タイトルのカスタムを効率よく行うポイントは次の2点です。

  • 編集は「高度なテキスト編集」ウインドウを使う。
  • 変更テキストは、タイムライン内のクリップをクリックして選ぶ。

ジーナ
ジーナ
遠回りみたいだけど、一番確実で早い操作方法だよ。

以上、フィモーラのタイトル編集・操作方法 の解説でした。

真っ赤なセーターを着て、遠くを眺めるブロンドの女性

それでは、引き続き編集をお楽しみください(*’ω’*)☆

RELATED POST