ゴープロ

楽しもう!【GoProアプリ】おすすめの機能と使い方 6選

ゴープロアプリのおすすめ機能と使い方6選

無料で使えるGoProアプリは、実はかなり使えます。

わたしが「いいな」と感じたGoProアプリの機能と使い方を紹介していきますので、よろしければ、お試しくださいませ。

スマホをディスプレイにして自撮りする機能&やり方

GoProは、カメラ側にディスプレイが向かないので、自撮り(セルフィー)が難しいです。

\正面のディスプレイはカメラのモニターにはならない/

でも、GoProアプリを使えば、スマホのディスプレイにカメラ映像を表示することができ、シャッターもスマホで押せるようになります。

やり方は次のとおり。

【GoProアプリを使ったモニター&シャッターのやり方】

  1. 「GoProをコントロール」をタップ
  2. モニターで被写体を確認してシャッターボタンをタップ。
Goproアプリを使ってスマホをGoProのモニター&シャッターボタンにする方法

スマホでシャッターまで押せるので、自撮りに最適です。

SNSへ即アップする!GoProとアプリの便利機能&やり方

膝の上でスマホを操作する女性

GoProアプリには、GoPro本体のデータを直接スマホにダウンロードできる機能があり、SNS・メール・Lineへのアップロードも簡単にできます。

【GoPro本体からデータをスマホにダウンロードする方法】

  1. メディアを表示をタップ。
  2. ダウンロードしたいデータをタップ。
  3. ダウンロードボタン(矢印)をタップ。
  4. アプリに保存をタップ。
Goproアプリを使ってスマホにGoProのデータをダウンロードする方法

また、GoPro本体にもSNSに便利な機能があり、組み合わせて使うと使い勝手が良いです。

インスタ・SNSに便利な機能【ショートクリップ】について

GoPro本体には、インスタ・SNSに便利なショートクリップという撮影モードがあります。

  • ショートクリップとは、15秒・30秒という短い動画を撮影するモードです。

【ショートクリップの使い方】

  1. 初期画面に見えるショートカットボタンをタップ。
  2. 15秒or30秒をタップ。
SNSにピッタリの、30秒ルールで撮影できるので、編集いらず。

ちなみに、ダウンロードデータが動画の場合は結構時間が掛かります。

【動画データのダウンロード時間】

1分以上の動画データになると、ダウンロードには時間が掛かります。

  • HD画質元時間の3~5倍程度

ダウンロードは、できるだけ「ショートクリップ」で撮影するか、30秒程度の動画にしておくのがおすすめです。

  • 動画は、ショートクリップと組み合わせて使うのがおすすめ。

カメラを探す機能&やり方

GoProアプリに電源を入れてあれば、アプリを使ってGoPro本体からアラーム音を出すことができます。

GoProは小さいので、本体が迷子になるシーンは意外とあります。

【GoProを見失うシーン】

  • 草むらに置いて見失う。
  • バックの中に入れて見失う。
  • ポッケの中に入れて見失う。
  • ドローンが茂みに落ちて、ドローンごと見失う。
  • アクティビティ中に手を離したりマウントが外れて見失う。

機能がある事を知っておくだけで、いつか役立つときがくるかもしれません。

【GoPro本体からアラーム音を出す方法】

歯車マークをタップ

GoProアプリを起動>GoProをコントロールをタップ後、歯車マークをタップします。


カメラを見つける をタップ

セッティング画面を下にスライドすると、「カメラを見つける」があるので、タップしてオンにします。

ジーナ
ジーナ
タップ直後、かなり大きな音量でアラームが鳴るよ。

GoProのメモリと電池の残量をチェックする機能&やり方

GoPro本体ディスプレイでも、メモリ・バッテリー残量を視認できますが、見辛いです。

\本体のインジケータ/

GoProアプリ_セッティング_操作画面_バッテリーとメモリ残量の本体側

GoProアプリを使うと、もう少し詳細なデータを俯瞰して確認できます。

\GoProアプリで見れるカード容量の情報/

【メモリとバッテリーのデータ容量をチェックする方法】

歯車マークをタップ

GoProアプリを起動>GoProをコントロールをタップ後、歯車マークをタップする。


カメラステータスを確認

セッティング画面を一番下までスライドすると、カメラステータス欄があるので内容をチェックする。

SDカードの使用状況は、「SDカード容量」をタップする。


アプリのSDカード容量では、具体的なデータ利用状況・残りの撮影時間&枚数が分かります。

GoProの本体設定&やり方

GoProアプリを使うと、本体で行える各種設定や調整を、ほぼ全て行うことができます。

\動画・タイムラプス・写真のGoProアプリ内での設定項目/

GoPro本体の設定項目では、情報が小さく見つけにくいため、設定はアプリで行うのがおすすめです。

アプリは全項目を一気にチェックできるため、見落とすことも、項目を探すこともなく、簡単に各種設定が行えます。

スマホアプリで動画編集する機能&やり方

GoProアプリには、GoProで撮影した動画を、簡単操作で自動編集してくれる動画エディタ:Quick(旧Quick Stories)がパッケージされています。

【Quick(旧Quick Stories)とは】

スタイル・タイトル・ミュージック・ピックアップポイントを選ぶだけで、それっぽいムービーにさくっと仕上げてくれる動画編集エディタです。

\Quickでムービー制作するイメージPV/

驚くほどお手軽&簡単なエディタなので、ぜひ、楽しんでみてください。

GoPro デスクトップ用Quickダウンロード

ちなみに、スマホに保存済みの動画を使うのであればQuickを即利用できますが、GoPro本体からダウンロードして編集するのは、ダウンロードに時間が掛かり過ぎるので現実的に厳しいです。

もし、爆速でGoPro⇒スマホへデータを転送したいときは、以下のアクセサリを使うのがおすすめです。

【スマホでQuickを使いたい人におすすめ Quick key】

GoProからSDカードを抜いて、リーダーに差し替える手間はありますが、スマホへのデータ移行は爆速です。

タジマモーター(Tajimamotor)

まとめ

特におすすめしたい、アプリならではの便利機能は次の2つです。

GoProのリモートコントロール機能

スマホのディスプレイに、ファインダーから見える画像を映し、シャッターもスマホから押せる。


アラーム機能

本体が紛失したときに、本体からアラームを鳴らす。

なお、アプリの各種設定はGoPro本体よりも視認性がよく、とても使いやすいです。

ほぼ全ての操作ができるので、わたしはGoProアプリでしか設定操作をしなくなりました。

ジーナ
ジーナ
本体で設定するのは難しいよ。

以上、GoProアプリのおすすめ機能と使い方 でした。

RELATED POST