ゴープロ

GoProの保護ケース・電池パック・SDカードの取り外し方&【サイドカバー紛失時】の覚書

GoProの保護カバー・マウントの取り外しには力が必要で、いちいち「ばきっ!」とか「がこっ!!」とか、激しい音をまき散らせながら取り扱います。

goPro本体_保護カバーと本体

触ったことがない方だと、つい壊してしまわないかとドキドキするレベルなので、本頁では写真の図解を交えて取り外し方を解説しました。

あと、わたしが購入翌日に紛失した、サイドカバーについても、記事末で補足します。

知っておくと、紛失リスクを減らせますし、もし紛失しても焦らないと思いますので、併せてご確認くださいませ。

GoPro HERO7の保護ケースとマウントの外し方

マウントの取り外し方

GoPro HERO7 Blackは、箱にがっつりマウントされた状態で梱包されているため、いきなり手こずるかもしれません。

\GoProの梱包/
gopro_本体の取り外し方

ちなみにこの部分、パッケージ専用のマウントのようにも見えますが、今後も使うパーツなので、根元からもぎ取ってはいけません。

パッケージの接合部分

GoProマウントの取り外し方

裏側のゴムを引き上げる

本体裏面の接合部分中央がゴムになっていますので、まずはゴムを引き上げます。

gopro_本体の取り外し方_箱への注意書き_中央のストッパー

ジョイントの爪部分を挟むように中央に押しながらスライドする

サイドからつまみながら、前方に押し出すイメージです。

パッケージの接合部分_取り外すコツ

どこまでがパーツかよくわからないかもしれませんが、正しく取り外せると、以下のように分離できます。

パッケージの接合部分_取り外した後の台座のみ

なお、本体パッケージに付いてる台座(画像右)はゴミです。

保護カバーの取り外し方

わたしが取説を見てもよくわからなかったものの一つが、保護カバーの取り外し方です。

\保護カバー(左)と分離した本体(右)/goPro本体_保護カバーと本体

結構な力が必要なので、ある程度構造を理解してうえで、思いっきりやってみてください。

【ほごカバーの取り外し方】

  • 黄色◎ポイントを、思い切って上向きに開けばOKです。
gopro_保護ケース_外し方

ジーナ
ジーナ
躊躇すると、力不足で外れないよ。

microSDカード・バッテリーパックの取り付け方

GoPro本体が開く場所は2か所あります。

【開く箇所と用途】

  • サイドパネル:USBケーブル(type-c)
  • 底部パネル:バッテリー・miroSDカード

どちらも、開き方は同じで、パネル中央にあるボタン押しながら、スライドします。

goPro本体_パネルの開け方

防水パネルなのでやや硬いですが、ツメなど立てなくても指の腹でぐぐっと押しながらスライドすることができます。

ジーナ
ジーナ
ツメを立てて開けようとすると、傷がつくだけで、むしろ開きにくいよ。

microSDカードの取り付け方

microSDを挿入するのは、GoPro本体の底部です。

レンズを下向きにすることで、ちょうど中央部分にmicroSDカードの挿入箇所が確認でき、出し入れもし易くなります。

goPro本体_メモリ挿入箇所

microSDの挿入方法はスマホなどと同じで、ググっと押し込めば、「カチっ!」と音がして収まる方式です。

microSDカードの表裏は、以下画像にてご確認下さい。

goPro本体_メモリ挿入方法図解

【microSDカードの取り出し】

  • 一度microSDカードを押すと、少し飛び出してきます。
  • 指で引き抜ける程度に飛び出すので、ゆっくり引き抜いてください。

バッテリーパックの取り付け方

バッテリーパックは、レンズを下に向けた時に、以下の向きで挿入します。

goPro本体_バッテリーの挿入向き

バッテリーパックの底部は大きな凹凸があるため、間違えると大きくせり出すのですぐに分かります。

なお、GoProバッテリーには、ビラビラが付いていますが、外してはいけません。

goPro本体_バッテリーのびらびら

このビラビラは、本体からバッテリーを引っ張り出すときに必要なツールで、切り取ったり外してしまうと取り外しが困難になります。

本体サイドカバー(左)の取り扱い注意点

GoProのサイドカバー(左)は、完全に取り外せてしまうので注意が必要です。

goPro本体_取り外せるサイドパネル

なお、サイドカバー(左)は USBケーブルの挿入口で、開け閉めするシーンは多いパネルです。

gopro_サイドパネル開閉の様子を映した画像

完全に取り外せることを知らず、開いたまま作業をしていると、いつの間にか無くなります。

ジーナ
ジーナ
わたしも充電しながらバイクツーリングしていたら、いつの間にか紛失してたよ。

対策は次の通りです。

【GoProのサイドパネルの紛失対策】

紛失予防

  • パネルを開いたまま撮影をしない。
  • パネルを開いて撮影するときは、パネルを完全に外して保管しておく。

紛失してしまった

  • リプレイス品がありますので、別途購入します。

ちなみに、GoProのサイドパネルが完全に外れてしまうのは仕様で、壊れたからではありません。

その為、パネルが外れても、ほとんどの場合で破損もしておらず、簡単に取り付けられます。

※サイドパネルが完全に外れるのは、アクセサリ取り付け時に干渉しないようにするためです。

まとめ

出典:https://gopro.com/ja/jp/

ケースやマウントの取り外し方は、購入時の箱や取説にも記載してありますが、結構分かり難いです。

また、それなりの力も必要なので、はじめは壊してしまいそうで怖いと思います。

一番最初だけの問題ですが、写真を参考にしながら、思い切って力を入れてみてください。

以上、GoProの保護ケース・電池パック・SDカードの取り外し方とサイドカバーの注意点 でした。

逆光を浴びながらこちらを向いて満面の笑顔をかける女性のいる風景

貴方のお役に立てたら幸いです(*’ω’*)☆

RELATED POST