動画の作り方

動画形式・コンテナ・ファイル形式・コーデック…対応規格はどれを見る?|動画データの構造&コーデックの役割解説

動画形式の構造 見るべき対応規格とコーデックの役割と仕組み

動画データは、音データ映像データを組み合わせてできています。

大元が、コンテナと呼ばれる動画形式になっていて、その中に音データと映像データが入っているイメージです。

\動画データのイメージ/

コンテナのイメージ

動画形式と併せ、少し難解なファイル形式・コーデック・エンコードについてまとめてみました。

メディアの対応規格に何を参照すればいいか迷ったときなど、よろしければご覧ください。

動画形式(コンテナ)の構造とファイル形式との違い

箱に入った子犬が上半身を出してこちらを見る画像

動画形式の構造

動画データには、二つの異なるデータ(映像データ音声データ)を格納しています。

ジーナ
ジーナ
それぞれを独立したデータとして格納してるので、動画編集ソフトで分離することもできる。

この、映像データと音声データが入っている箱のことを動画形式、またはコンテナ名と呼びます。

動画形式には、AVI、MVO、MP4・・・などがあります。

\動画形式(コンテナ)のイメージ/動画形式(コンテナ名)

ちなみに、動画形式には次の種類があります。

【代表的な動画形式(コンテナ名) 一覧】

動画形式(コンテナ名)
AVI
MP4
MOV
WMV
FLV

動画形式とファイル形式の違い

メディアが公開する対応規格では、動画形式ではなく「ファイル形式」を表記するケースがあります。

ファイル形式とは、動画形式を拡張子で表したもので、表記上の違いと思って大丈夫です。

【代表的な動画形式(コンテナ名)・ファイル形式 一覧】

動画形式(コンテナ名)ファイル形式
AVI.avi
MP4 .mp4 .m4a
MOV.mov .qt
WMV .wmv(.asf)
FLV.flv (F4V)

コーデックの役割と特徴

ディスプレイに表示されたスクリプトのキャプチャ

メディアの対応規格では、動画形式・ファイル形式に加え、コーデックを表記しているケースもあります。

【メディアが公開する3つの対応規格】

  1. 動画形式:AVI、MP4、MOVなどのコンテナ名で表記。
  2. ファイル形式:「.avi」、「.mp4」、「.mov」などの拡張子で表記。
  3. コーデック:MPEG-4、H.263、H.264/MP3、AC3、AACなどのコーデックで表記。

コーデックとは

コーデックとは、音声データ・映像データ圧縮プログラムの名前です。

映像データの圧縮プログラムを映像コーデック、音声データの圧縮プログラムを音声コーデックと呼びます。

【代表的な動画形式(コンテナ名)・ファイル形式 一覧】

動画形式ファイル形式映像コーデック音声コーデック
AVI.avi H.264・MPEG-1・MPEG-2・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
MP4 .mp4 .m4aH.264・H.265・MPEG-4・MPEG-2AAC・MP3・MP2・AC-3
MOV.mov .qtH.264・MJEG・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
WMV .wmv(.asf)WMV9WMA・MP3・AAC
FLV.flv (F4V) VP6・H.263・H.264MP3・AAC・ADPCM

※代表的なものを抜粋

上表にあるように、各動画形式に対応したコーデックは複数あり、対応する音声&映像コーデックの組み合わせ方は自由です。

コンテナの構造イメージ

その他び組み合わせパターン例はコチラ

動画形式:MP4には、次のようなコーデックの組み合わせ方が存在します。

  • MP4=H.264(映像コーデック)+AAC(音声コーデック)
  • MP4=H.264(映像コーデック)+MP3(音声コーデック)
  • MP4=H.264(映像コーデック)+Voribis(音声コーデック)
  • MP4=H.264(映像コーデック)+AC-3(音声コーデック)
  • MP4=Xvid(映像コーデック)+AAC(音声コーデック)
  • MP4=Xvid(映像コーデック)+MP3(音声コーデック)

・・・・etc

 

ジーナ
ジーナ
代表的なコーデックで組み合わせても、16パターンもの組み合わせがある。

コーデックのエンコードとデコード

巷でよく見かける「エンコする」という言葉は、コーデックをエンコードすることを意味します。

  • エンコード圧縮すること。
  • デコード再生すること。

なお、動画ファイルの作成(圧縮)と再生には、一つのルールがあることを覚えておきましょう。

【コーデックの圧縮と再生のルール】

  • エンコード(圧縮)したコーデックでデコード(再生)すること。

エンコードは動画作成者が選択するコーデックなので、コントロールできますが、デコードは視聴者のメディア内の問題なので、動画作成者ではコントロールできません。

一般的に、PC・スマホ・タブレットには代表的なコーデックパックがインストールされているので、不特定多数の方と共有するなら、できるだけ汎用性の高いコーデックを使ってエンコードするのがベターです。

【迷った時は汎用性の高い規格がおすすめ】

  • 動画形式:MP4
  • 映像コーデック:H.264/H.265/HEVC
  • 音声コーデック:AAC/MP3

コーデックエラーの見分け方と対策

緑の縁取りの双眼鏡をつかって、こちらを微笑みながらのぞき込む小さな男の子

コーデックエラーの見分け方

コーデックエラーが考えられるのは、次の3つの症状が発生した時です。

【コーデックエラーの症状】

  1. 音声は再生されるけど映像は再生されない
  2. 映像は再生されるけど音声は再生されない
  3. プレイヤーから「拡張子が認識されません」「コーデックがありません」のエラーメッセージが表示される。

ジーナ
ジーナ
中途半端な再生のされ方は、コーデックエラーの可能性あり。

コーデックエラーの対応・対策

コーデックエラーは、視聴側にコーデックがないために起こります。

なお、コーデックエラーの対策はシンプルで、必要なコーデックを入れることで解消します。

フリーのコーデックパック

最新&代表的なほとんどのコーデックがパッケージされた無料のコーデックは、LAV Filters がおすすめです。

LAV Fiters(公式)

英語なのでドキドキしますが、普通にダウンロードするだけなので、難しくはありません。

インストール後の使い方などは、「K本的に無料ソフト」さんのサイトが分かり易いので、適宜覗いてみてください。

また、予防もシンプルで、ニッチなコーデックを使わず、普及率の高いコーデックでエンコードすれば、ほぼ防げます。

もっと言えば、出力時にコーデックを個別指定せずファイル形式で選ぶようにすると、自然と汎用性の高い組み合わせができます。

ジーナ
ジーナ
ソフトのファイル形式(テンプレート)には、代表的なコーデックをオフセットしているので、ニッチな組み合わせは起こらない。

ちなみに、自分のメディアにコーデックが不足しているかどうかをチェックするには、コーデックチェッカー というソフトを使うしかありません。

何気に面倒なので、コーデックエラーが疑わしいときは、一先ずコーデックパックをインストールしてしまう方が楽です。

まとめ

編集作業中のデスクの前に置かれた黒ぶちメガネとディスプレイのある風景

動画ファイルは、コンテナに、映像コーデックと音声コーデックを格納したデータ構造です。

\動画形式(コンテナ)イメージ/

コンテナのイメージ

大元を辿れば、映像コーデックと音声コーデックの組み合わせ方次第で形式が決まる構造です。

【代表的な動画形式(コンテナ名)・ファイル形式 一覧】

動画形式ファイル形式映像コーデック音声コーデック
AVI.avi H.264・MPEG-1・MPEG-2・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
MP4 .mp4 .m4aH.264・H.265・MPEG-4・MPEG-2AAC・MP3・MP2・AC-3
MOV.mov .qtH.264・MJEG・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
WMV .wmv(.asf)WMV9WMA・MP3・AAC
FLV.flv (F4V) VP6・H.263・H.264MP3・AAC・ADPCM

※代表的なものを抜粋

なお、対応するコーデックの組み合わせ方は自由なため、メディアの対応規格では、動画形式・ファイル形式・コーデックのいずれかが表記されています。

また、動画の再生には、エンコードしたコーデックと同じコーデックが必要なので、ニッチな組み合わせは避け、ソフトのテンプレートファイル形式を使うのが、コーデックエラーも起こり難くておすすめです。

以上、動画のデータ構造とコーデック の解説でした。

メガネを少しずらし上目がちにこちらを見つめる帽子をかぶった女性

動画編集の基礎知識として、お役立ていただけたら幸いです(*’ω’*)☆

RELATED POST