フィモーラ

フィモーラのパン&ズーム(少しずつ拡大⇔縮小)のやり方を解説するよ。

filmora_pan_zoom_jina_ジーナ_フィモーラ_パン&ズーム_操作方法_拡大_縮小

フィモーラを使って、徐々に拡大⇔徐々に縮小させるモーションの作り方を解説します。

\解説するのがコチラのムービー/

パン&ズームのgif

また、本頁最後のチュートリアルでは、以下のひまわりムービーの作り方を紹介しますので、よろしければ最後までご覧いただけたら幸いです。

\このムービーの作り方を紹介します/

上記は、単純な反復作業のみで作るシンプルなチュートリアルですが、クリップの繋げ方・拡大⇔縮小のモーションについて、理解が深まると思います。

少しでも皆さんのお役にたてたら幸いです。

フィモーラを使ったパン&ズームのやり方

フィモーラ(Filmora)の「徐々に拡大⇔徐々に縮小」は、クロップとズーム>「パン&ズーム」 から行います。

パン&ズーム ウインドウの起動手順

起動手順は次の通りです。

【パン&ズームの操作手順】

クリップをタイムラインに追加

編集したいクリップをタイムラインに追加します。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_1


クロップとズーム を起動し、「パン&ズーム」タブを選択

クリップを選択(クリック)後右クリック>「クロップとズーム」と選択します。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_2

パン&ズームタブに切り替え

クロップとズームウインドウが起動したら、パン&ズームタブをクリックします。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_3

編集準備は以上です。

具体的な編集は次項から解説します。

開始地点と表示範囲⇔終了地点と表示範囲の調整する

パン&ズーム ウインドウでは、開始時点の表示エリアと、終了時点の表示エリアを設定することで拡大⇔縮小を行っていきます。

編集方法は次の通り。

変更したいエリア(開始or終了)に切り替える

クリックするたびに、開始⇔終了が入れ替わるので、変更したいエリアになるまでクリックします。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_7
  • ブルー枠:調整可能な範囲(開始地点or終了地点)
  • オレンジ枠:調整不可能な範囲(開始地点or終了地点)

開始エリア⇔終了エリアの活性化(ブルー)は、プレビューウインドウをクリックする毎に切り替わります。

また、活性化している枠(ブルー)の左下には、「開始」or「終了」を表示しますので、視認しながら編集していきます。


8ヵ所のマウスポインタをドラッグして大きさを変える

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_4

枠をレイアウトする

枠の中心付近にマウスを移動し、マウスポインタのカタチが十字カーソルになったところでドラッグすると、枠をレイアウトできます。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_5

開始エリア・終了エリア共に、範囲を確定できたら、編集完了です。

ちなみに、編集を進めると表示される矢印は、開始の中心点から終了の中心点のモーションを表すパスです。

\開始の中心から終了の中心には、矢印型のモーションパスが表示される/

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_6

動作確認

開始と終了のエリア設定が完了したら、プレビュー再生で動作を確認します。

狙い通りに動いてくれれば設定完了です。

\プレビューウインドウの下にある再生ボタンをクリック/

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_8

パン&ズーム設定を締めくくるときの注意点は2つです。

「OK」をクリックせずに閉じると、調整した設定が保存されない

  • 設定を活かしたい場合は必ず「OK」をクリックしてウインドウを閉じてください。

「開始」と「終了」までの再生時間は、パン&ズーム ウインドウではできない

  • パン&ズームウインドウでは設定できないので、一度ウインドウを閉じ、クリップそのものの時間で調整します。

ズーム&パン メイキングムービー

上記で解説したズーム&パン操作をメイキングムービーにしてみました。

最初は拡大、続いて縮小というモーションを作成しています。

\ズーム&パン チュートリアル/

割とリズミカルに作業が進んでいますが、早送りはしておらず、急ぎもしていません。

ジーナ
ジーナ
実質1分程度の作業内容だよ。

フィモーラを使ったズーム&パンのチュートリアル

本項では、以下のムービーの作り方を解説します。

もし、興味ありましたら、最後までご覧ください。

作業時間にすると、5分程度です。

❶ クリップをタイムラインに追加する

まずは、パン&ズームしたいムービーをタイムライン追加します。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_実例_1
  • 今回の素材は30秒程度にしました。

練習素材ですし、長いものは不要です。

❷ クリップを一定間隔でカットする

フィモーラのパン&ズーム ウインドウでは、開始⇔終了までの時間コントロールできません。

よって、効果時間をコントロールするには、クリップを刻んでおく必要があります。

今回のサンプルは、リズミカルに拡大と縮小を繰り返しますから、クリップを細かくカットしておきます。

※今回のサンプルは1クリップ2秒でカットします。

フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_実例_2

❸ クリップ毎に開始⇔終了の設定を行う

操作方法は、前頁で解説した通りです。

このサンプルでは、二つの基本設定を施すクリップ1組とし、交互に設定を繰り返しています。

以下の設定で1組になるよう、設定してください。

◎1つ目:徐々に小さくなる設定

  • 「開始」範囲:最大
  • 「終了」範囲:中央に一回り小さいアスペクト比で設定

◎2つ目:徐々に大きくなる設定

  • 「開始」範囲:中央に一回り小さいアスペクト比で設定
  • 「終了」範囲:最大

ジーナ
ジーナ
1クリップ2秒なので、ワンセット4秒ごとにループする計算。

\タイムラインとクリップのイメージ 展開図/
フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_実例_3

【本チュートリアル 作成のコツ】

実際に作ってみるとわかると思いますが、元素材切れ間なく繋がっています。 流暢な画像にするコツは、クリップとクリップのつなぎ目「同じ表示範囲」にすることです。

\拡大⇒縮小⇒拡大への連結イメージ/フィモーラ_Filmora_パン&ズーム_操作方法_解説_実例_コツ

このチュートリアルは、操作方法とクリップのつなぎ方を理解するのが目的なので、分かりやすいように「中心線はずらさずに、拡大⇔縮小のみ」のパラメータ設定としています。

範囲の縦横(x,y)位置をも動かすと、もっと複雑でアクロバティックなカメラワークが作れますが、緻密な位置合わせや、計算した上でのズラシのテクニックが必要になるので、難易度はもっと上がります。 

\上記設定の完了がコチラ|約20秒/ミュージックあり/

この動画の作り方・素材の組み立て方は泥臭い基本型ですが、幅広い応用が効きますので、ぜひマスターしてください。

まとめ

パン&ズームは、クロップとズームの中の「パン&ズーム」ウインドウから行います。

開始と終了の2エリアを決めるだけで、簡単に徐々にズームor縮小ができます。

注意点は、次の2点です。

  • 設定の保存:「OK」をクリックして閉じる。
  • モーションスピードの調整:クリップの所要時間でコントルールする。

慣れれば、数分であっという間に設定できてしまいます。

ジーナ
ジーナ
表現はユニークなのに簡単だよ。

以上、フィモーラを使って徐々にズーム・縮小をする方法 の解説でした。

真っ赤なセーターを着て、遠くを眺めるブロンドの女性

それでは、引き続き編集をお楽しみください。

RELATED POST