動画の作り方

使いやすい素材を量産する7つの撮影ポイント|使える動画素材を撮れない2つの原因

使いやすい素材を量産する!?7つの撮影ポイント

編集をはじめると「あれだけ撮影したのに使える素材が思いのほか少なくない!?」と、びっくりしたことは‥‥、ありませんか?

この、「大量の撮影をしていても、使える素材がほとんど撮れていない」現象には、実はちゃんとした原因があります。

【使える素材がストックされない2つの原因】

おでこに手を当て、よく見ようと目を凝らす女性
  • 使えるモチーフを撮影していない。
  • 素材の品質が悪い。

そしてこの問題、ほんの少し意識するだけで簡単に改善します。

今回は、手の込んだ企画・構成をすることもなく、ちょっとの努力で使える素材がぐっと増える!?7つのポイントをまとめました。

素材のストック率を上げたい方は、ぜひ参考にしてください。

動画編集ソフトに「できる」素材補正

動画編集を楽しむ男性の後ろ姿

撮影時に留意しておきたいのは、動画編集ソフトには補正機能があるということです。

動画編集ソフトで補正可能な要素は、綺麗に撮影できなくてもリカバリできることは多いので、撮るべき対象を見つけたら可能な限りシャッターを押してしまうのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
何はともあれ、撮っておくのことが大事。

【一般的な動画編集ソフトに装備されている補正機能】

 色味構図軽微な手振れ
歪み
ソフトの機能カラーグレーティング・エフェクトパン&ズーム手振れ補正レンズ補正
具体的な補正例曇り空を晴天に・青白い顔を血色よく変更する。縦横比の変更・一部エリアを拡大する。ブルブルと震えているような、振動を補正する。広角(魚眼)等のレンズ歪みを補正する。

※機能の有無はお手持ちのソフトをご確認ください。

動画編集ソフトがあると、色味や構図、アクションカメラ等の歪みは、割と簡単に補正できます。

わたしは、解像度を高めてやや広域を撮影し、レイアウトやカメラワークをソフトで行うことも多いです。

ジーナ
ジーナ
色味や構図の悪さでシャッターを押さないのは、もったいないよ。

動画編集ソフトには「できない」素材補正

パソコンの前で頭を抱える男性の風景

そして、ソフトに出来ない補正は、撮影時点で気を付けるべきポイントになりますので、押さえておくのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
補正できないものは、カメラマンの事前設定頼みなんだ。

【動画編集ソフトで補正できない項目と対策】

 カメラワーク大幅な手振れ補正解像度の補填
フレームの補填
対策

丁寧に対象を追いかけて撮影する。

広い範囲を高解像度で撮影する。

両手でしっかりカメラを持つ。

できるだけ三脚を使う。

ジンバルやジンバル内蔵のカメラを使う。

事前設定

事前設定

カメラワークは技術なので、経験値を積むしかありませんね…。

ちなみに、手振れを人力だけで抑えるのはプロでも難しいテクニックなので、手振れ補正の強力なカメラを活用するのがおすすめです。

なお、動画編集ソフトの手振れ補正は、振動を軽減してくれる機能なので、過度な期待はできません。

【動画編集ソフトの手振れ補正】

手振れは、細かくブレる振動のような動きを補正してくれる機能で、以下のような補正は出来ません。

  • 歩き撮影時の激しい上下
  • カメラワークの回転・前後の揺れ

使える素材を撮影する7つのテクニック

動画編集ソフトでフォローできない要素は、撮影時にしか対処できません。

ポイントは7つです。

  • 1つ:「使える・使いたくなるモチーフ」をきちんと見極める。
  • 6つ:撮影テクニックでカバーする。

ジーナ
ジーナ
使いやすい素材とは、見れば「一瞬でわかる・伝わる」映像のことだよ。

使える・使いたくなるモチーフを見極めるポイント

コンパクトデジカメを右手に持って海辺を見つめる女性の手元の画像

動画編集に組み込みやすいモチーフは決まっています。

それは、何時どこで、何をしたのかが、視覚的に一瞬でわかる映像です。

【出会ったら必ず撮影しておく!印象的なモチーフ 一覧】

特に綺麗だったり構図優れている必要はありません

以下のモチーフに出会ったら、漏れなく撮影しておくと、編集時にかなりの頻度で役立ちます。

  • 撮影した場所の分かるもの
    ディズニーランドに着て笑顔の女性
  • 撮影した時間のわかるもの
    朝日のさし始めた海岸沿いの風景
  • 当日のイベントが分かるもの
    赤いクリスマス用のオーナメント
  • 撮影目的が分かるもの
    ライブイベント風景
  • イベントの結果が分かるもの
  • アクシデント
    吹き飛ぶ人の腰から下の画像

行動や感動は、何時・どこ・何での情報があればおよそ理解できます。

構成が上手くいかない・伝わらない動画は、この3つの情報が足りないからです。

ジーナ
ジーナ
伝わらないムービーは、見せられても苦痛なだけだよ。

使いたくなる素材を撮影する6つのテクニック

ファインダーをコチラに向ける女性

モチーフ選びが上手くなると、かなり楽になりますが、素材の品質は撮影技術に左右されます。

ポイントは、くっきり・はっきり撮ることです。

高画質で撮影する

  • 高画質で撮影するメリットは、拡大編集しても画質が劣化しないことです。
  • 構図を動画編集ソフトで微調整する場合に役立ちます。

フレームレートを大きくする

  • 速く動く対象を撮影する場合は、フレームレートを大きくすると、1秒間に撮影できる枚数が増えるため、スローモーションにしても画質が荒れず、くっきりとした画像が撮影できます。

手振れ防止

  • 意図しない手振れ画像は、見辛いので使えません
  • なお、動画編集ソフトの手振れ補正はそれほど強力ではありませんし、画質も劣化します。
  • 撮影時点でしっかり両手で持つ・三脚を使うなどの対策をとり、手振れのない撮影を意識しましょう。

ゆっくり動かす

  • 撮影者が対象を追いかけるようにカメラワークする場合は、自分が思う以上にゆっくり動かす方が良いです。
  • カメラワークが早いと、ブレやノイズが目立ちます。

数を撮る

  • 単なる保険です。
  • 同じシーンでも、複数回撮影しておくと、最高のシーンが綺麗に撮影できているかもしれません。
  • また、記録用に綺麗に撮りたい場合と、編集用に使える素材を撮りたい場合とで、撮り分けることもあります。

撮影する立場からすると、素材の構図や光などには拘りたいところですが、動画編集ソフトはある程度の補正ができるので、主に手振れに気を付けながら、ゆっくりと丁寧な撮影に心がける方が良い素材を残せますよ。

【補正ありきの素材撮影】

  • 素材そのもののデータ量を大きくするためには?:高解像度・高フレームレート設定する。
  • ノイズを少くするには?:手振れを抑える。

フレームレートは、対象が高速で動くような場合でなければ不要です。

おすすめ撮影カメラ

個人エディターの多くは、旅行家族の外出記録を編集することが多いですよね。

そういった方におすすめなのは、次の3点を満たしたカメラです。

【素材ありき編集者におすすめのカメラ】

  • コンパクト
  • 起動が早い
  • 強力な手振れ補正

アクションカメラ

わたしは、動画も写真もアクションカメラだけで撮影することが多いです。

おすすめはGoproで、コンパクト×クイック起動はもちろんのこと、画質も驚くほど綺麗です。

\GoProで撮影|色味が綺麗!/goproで撮影した南国の濃い緑の茂った庭の写真

また、GoproHERO7以降は、手振れ補正が超強力で、まさしくジンバル級と言えます。

【今GoPro買うならおすすめの2モデル】

 GoPro HERO7Go Pro HERO8
パッケージ
手振れ補正
防水
特徴
  • 従来モデルの最終型
  • 既存のバッテリーパック・ハウジングが使え、性能とコスパが最強
  • 外形とバッテリーパックをフルモデルチェンジした最新モデル。
  • 従来と違い、カメラ固定にフレームが要らなくなったので、持ち運び&撮影のし易さはモデルで随一。
相場42,000円49,000円

GoProHERO7とHERO8は、どちらも最高の手振れ補正防水性能を搭載しており、どっちを選んでも後悔しないと思います。

\GoProHERO7 Black/

型落ちだけど最高傑作のHERO7!

GoPro HERO7 Black
GoPro(ゴープロ)


\GoProHERO8 Black/

フルモデルチェンジで進化!使い勝手が良くなったHERO8!

コンパクトデジタルカメラ

ナチュラルに高画質ムービーを撮影するなら、動画カメラよりもデジタルカメラの方が優れています。

ジーナ
ジーナ
デジカメの方が、低価格でもISO感度高めで、暗所も綺麗に撮れるんだよね。

なお、持ち運びを考えると、一眼レフよりもコンパクトデジタルカメラの方がおすすめですね。

最近はもっぱらGoProを利用することが多いですが、わたしが唯一持ち運ぶデジカメがコチラです。

【G9X MARK2 仕様】

  • ISO感度:125~12800
  • 起動スピード:1.1秒
  • 重量:206g(バッテリー込み)
  • 動画モード:動画・タイムラプス

単三乾電池2個分程度の重量で、スマホよりも小さい&ハイスペック&おしゃれなので、どこにでも持ち出したくなります。

ジーナ
ジーナ
GoProとデジカメがあれば、撮影には困らない。

まとめ

壁にもたれてパソコンで勉強する女性

動画編集で、撮りためた素材が使えない原因は次の2点です。

【使える素材がない原因】

緑の縁取りの双眼鏡をつかって、こちらを微笑みながらのぞき込む小さな男の子

  • 使えるモチーフを撮影していない。
  • 素材の品質が悪い。

対策は、使えるモチーフが何かを知り、撮影品質を上げる事です。

使えるモチーフ

  • 何時どこで、何をしたのかが、視覚的に一瞬でわかる映像。

素材の品質を上げるポイント

  • くっきり・はっきりとした画像を撮影すること。

ほんのちょっと気を付けるだけですが、素材の獲得率はぐんと上がりますよ。

以上、動画編集で使える素材を量産する7つのポイント でした。

普段の撮影に、ぜひ取り入れてみてください。
ベンチに座って右手にコンパクトデジカメを持ち、膝に抱える女性

それでは、引き続き動画編集をお楽しみくださいませ(*’ω’*)☆

RELATED POST