パワーディレクターの使い方

「メディアファイルが見つからない」エラーの解消法・エラーを防ぐ データ保存のやり方

Data storage law_編集前_保存フロー_アスペクト比設定_おすすめ方法_パワーディレクター

このエラーが出た時は、データのリンク切れが原因です。

本記事は、パワーディレクターを元に解説していきますが、ソフトに関係なく原因と対策は同じです。

パワーディレクター_操作方法_メディアのリンク切れ_参照でリカバリ

【直し方】

  • 元データの在処が分かる:リンクを参照し直すことで復元可能です。
  • 元データの在処不明:修復不可能です。

データの所在が分からない場合は、諦める他ありません

修復できなかった方は、折角なので「どういう状況が起こっているのか」・「今後起こさないためにはどうすればいいか」を本記事でご確認ください。

ちなみに、わたしが編集をはじめたばかりの頃は、リンク切れの意味も分からず、あきらめずに無駄にあがいていました。

ジーナ
ジーナ
無駄な努力だった…。

大きな事故にはなりませんが、忘れたころにこのエラーは発生します。

ちなみに、このエラーはソフト問わず発生するもので、プロの現場でも最初に徹底させられるのが、以下に紹介するフローとなります。

難しい事ではないので、これから編集作業始める人は、作業ファイルの整理について、フローの習慣化をおすすめします。

動画編集もさくさく!高性能×リーズナブルパソコンならBTOがおすすめ!

【パソコン買うならBTOがおすすめ】

BTOパソコンとは、受注生産型のセミオーダーパソコンです。

  • 必要なアプリや強化したいパーツを組み合わせられるので、高性能でも安価オリジナルパソコンを購入できます(*’ω’*)。

中でも、日本のBTOメーカーMOUSEは、クリエイターを対象としたコンセプトモデルが充実していて、知識がなくても自分好み簡単構成&オーダーできておすすめです(*’ω’*)。

\ベースをクリックしていくだけの簡単構成!/

BTOパソコンメーカー マウスのカテゴリ例出典:https://www.mouse-jp.co.jp/creator/
 
ジーナ
ベース躯体で10万~16万円と超リーズナブル(*’ω’*)!

\クリエイターモデル!DAIVE!/

マウスクリエイターモデルのバナー

クリエイターモデル

パワーディレクターの使い方|初心者向けマニュアルはコチラ

編集データの構造 メディアとプロジェクトファイル

少し旧い編集(プロジェクト)ファイルを開くと「メディアファイルが見つかりません。移動したか削除したんじゃないですか(*’ω’*)?」と、無邪気に拒否されて困ることが度々あります。

パワーディレクター_操作方法_メディアのリンク切れ_エラーメッセージ

わたしは長いこと、「プロジェクトファイルがきちんと保存されているのに、意味が分からない!?」と思っていました。

原因は、ユーザー(自分)の管理不足で、意味も理由もわたし(データを保存した人)の落ち度です。

プロジェクトファイルとは?

プロジェクトファイルとは、編集ソフトで行われた「編集プログラムデータ」の事です。

また、編集ソフト特有の拡張子を持っていて、作成したソフトでないと開けません

編集ソフトメーカーによって、拡張子は異なります。

  • Premiere Pro:◎◎◎.prproj
  • パワーディレクター:◎◎◎.pds
  • フィモーラ:◎◎◎.wfp

なお、プロジェクトファイルには、動画編集時に使ったすべてのデータが含まれていると思いがちですが、以下のデータはプロジェクトファイルには含まれません

【プロジェクトファイルに含まれていないデータ】

  • ムービークリップ
  • オーディオクリップ
  • タイトルクリップ
  • …etc

ジーナ
ジーナ
素材データそのものは、プロフェクトデータには含まれていない!

これが、「メディアファイルが見つかりません。移動したか削除したんじゃないですか(*’ω’*)?」と、無邪気にソフトから言われる原因です。

素材データの正しいありか

編集ソフトでは、例外なく素材をソフトにインポートしてから加工を行います。

動画編集ソフトは、元になるメディア(ムービーやオーディオデータ)をソフトにインポートしないと加工できません。

パワーディレクター_操作方法_メディアが保存されない理由

この作業は、プロジェクトファイルに素材データを取り込んだように見えますが、実は、素材データそのものをソフトにインポートしているわけではありません

ジーナ
ジーナ
インポートしているのは、素材データそのものではなく、素材のリンクデータです。

【メディアルームにインポートした素材=インポートしているのはリンクデータのみ】

▼メディアにマウスを重ねると、リンク先であることを宣言されます。

パワーディレクター_操作方法_メディア_リンク

※パワーディレクターに限らず、画像データそのものをソフトに取り込む編集ソフトはありません。

そのため、素材データを移動したり、削除をすると、簡単にエラーを起こします。

ジーナ
ジーナ
俗に言うリンク切れです。

▼冒頭のエラーメッセージが出るケースは、「データ管理問題がある」ということになります。

  • 「メディアファイルが見つかりません。移動したか削除したんじゃないですか(*’ω’*)?」は、素材ファイルのリンク切れが原因。
ジーナ
ジーナ
意味わからないことをしていたのは、自分だったという事実。

動画編集もさくさく!高性能×リーズナブルパソコンならBTOがおすすめ!

【パソコン買うならBTOがおすすめ】

BTOパソコンとは、受注生産型のセミオーダーパソコンです。

  • 必要なアプリや強化したいパーツを組み合わせられるので、高性能でも安価オリジナルパソコンを購入できます(*’ω’*)。

中でも、日本のBTOメーカーMOUSEは、クリエイターを対象としたコンセプトモデルが充実していて、知識がなくても自分好み簡単構成&オーダーできておすすめです(*’ω’*)。

\ベースをクリックしていくだけの簡単構成!/

BTOパソコンメーカー マウスのカテゴリ例出典:https://www.mouse-jp.co.jp/creator/
ジーナ
ベース躯体で10万~16万円と超リーズナブル(*’ω’*)!

\クリエイターモデル!DAIVE!/

マウスクリエイターモデルのバナー

クリエイターモデル

メディアファイルが見つからない」エラーを起こさない 編集準備とデータ保存のやり方

わたしは、PCが壊れたり、引っ越しで環境が変わるなどが起こりやすく、フォルダの整理を度々行う羽目になりました。

そのような変化があると、「メディアファイルが見つかりません。移動したか削除したんじゃないですか(*’ω’*)?」リスクが高まります。

そして、1年もすると、元データの保存先を見失うことも珍しくなく、リカバリ不能にしたデータは数知れずでした。

  • 元データの在処が分かれば、リンクを参照し直すことで復元可能です。
  • ファイル名であたりを付けて検索し、一つずつリンクを繋げていけばよいのですが、数が多いと骨が折れます。
パワーディレクター_操作方法_メディアのリンク切れ_参照でリカバリ

 

データ管理ががさつなわたしは、このエラーが出てしまうと、ほぼ元データは行方不明になっていて、作り直しになります( ゚Д゚)。

ジーナ
ジーナ
自業自得。

わたしのようなミスをしないためには、保存時に、ちょっとだけ工夫をするとよいのです。

特別なこと・難しいことは一切しません。

▼編集作業をする時に、次の準備と保存フローをおすすめします。

1作品毎保存用フォルダを作る。フォルダ


使う素材プロジェクトファイルは、上記フォルダに保存(コピー)する。ムービー毎に作成して保存するフォルダの内容物のイメージ画像


メディアルームに素材をインポートする時には、上記フォルダに保存したデータからリンク付けを行う。

パワーディレクターで、フォルダからプロフェクトへデータをドラッグするイメージの画像

動画や画像データは、それなりの容量があるので、ハードディスクを圧迫します。

ジーナ
ジーナ
編集素材の保存領域は、少し贅沢に確保しておくのがおすすめです。

納品・PC移動時に便利なプロジェクトパックのやり方

自分のPC+外付けハードディスクなどの組み合わせで使っていく分には、保存用フォルダにすべてのデータを手動で詰め込む対策で充分です。

ただし、PCを変更する場合は、パワーディレクターの「プロジェクトパック」作成機能を使うようにしましょう。

▼理由は、思わぬ素材のコピーが必要なケースがあるからです。

【PC移動にプロジェクトパックが必要な理由】

  • エフェクトやタイトルなど、使っている素材によっては、ムービーデータのコピーが必要なものがあります。
  • 該当ファイルを見分けるのは困難ですから「PC移動=プロジェクトパックで移動」機械的に作業するのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
プロジェクトパックの作成機能を使うと、必要なデータは全て保存してくれます。
プロジェクトパック 作成方法
  1. 予め新規フォルダを作っておく。
  2. メニュー:ファイル>「プロジェクト素材をまとめて保存」を選択。
  3. ①で作った新規フォルダを指定して保存。

▼通常のプロジェクト保存とほぼ変わらない時間で素材のコピーを実行してくれます。

パワーディレクター_操作方法_プロジェクトパック_作成方法

普段から、完了したデータのバックアップは「プロジェクトパックで保管しておく」と、いざという時の移動もスムーズになります。

  • 編集前に、プロジェクトと素材を保存するフォルダを作る。
  • プロジェクトへのインポートも、保存フォルダ内のデータを使う。
  • 編集完了後のバックアップは、プロジェクトパックで保存しておくのがおすすめ。

まとめ

動画編集ソフトのプロジェクトデータに、なんとなく次のようなイメージを持ってませんでした?

【プロジェクトデータの誤った認識】

  • プロジェクトデータには素材そのものを取り込んでいる。
  • 編集は素材そのものを加工している。

ジーナ
ジーナ
わたしはこんな風に思ってたんだ。

プロジェクトデータは、リンクデータを集めてシミュレートしているだけのプログラム情報なので、素材そのものは含まれていません。

つまり、プロジェクトデータ内でどれほど加工しても、元データが変質することもないということです。

それでは、引き続き編集作業をお楽しみください(*’ω’*)☆

動画編集もさくさく!高性能×リーズナブルパソコンならBTOがおすすめ!

【パソコン買うならBTOがおすすめ】

BTOパソコンとは、受注生産型のセミオーダーパソコンです。

  • 必要なアプリや強化したいパーツを組み合わせられるので、高性能でも安価オリジナルパソコンを購入できます(*’ω’*)。

中でも、日本のBTOメーカーMOUSEは、クリエイターを対象としたコンセプトモデルが充実していて、知識がなくても自分好み簡単構成&オーダーできておすすめです(*’ω’*)。

\ベースをクリックしていくだけの簡単構成!/

BTOパソコンメーカー マウスのカテゴリ例出典:https://www.mouse-jp.co.jp/creator/
ジーナ
ベース躯体で10万~16万円と超リーズナブル(*’ω’*)!

\クリエイターモデル!DAIVE!/

マウスクリエイターモデルのバナー

クリエイターモデル

RELATED POST