動画編集ソフトのおすすめ比較ランキング

【子供の記録】向け動画編集ソフト を選ぶ5つのポイント&おすすめ4選

子供の記録向け 動画編集ソフト選びの5つのポイントと4選

編集されたムービーは、家族全員で思い出を共有&反芻できるため、絆を深める有力なツールになります。

ただ、子供のいる日常ではスキマ時間を見つけるのも一苦労なので、編集効率のよいソフトを選べるかが重要になります。

本記事では、忙しいパパ・ママに最適な動画編集ソフト選びの5つのポイントと、おすすめソフトを紹介していきますので、子供の記録ムービー作りに挑戦したいと考えていた方・よきソフトをお探しの方は、ぜひ参考にして下さい。

子供・家族の記録に向くソフト選びのポイント

子供の成長と、撮りためた動画データの溜まるスピードは怖ろしく早いため、動画編集ソフトに望むのは、以下の特徴を優先するのがおすすめです。

  • 簡単×それなり×最短で編集できる。

次項から紹介していく5つの機能がポイントになります。

操作難易度

趣味や副業などで利用される方以外だと、動画編集ソフトはそれほど頻繁に行えないのが普通です。

  • 一般的な方の動画編集ソフトの利用頻度: 1~2回/月程度

時々しか触らないと、複雑な操作方法はすぐに忘れてしまうので、初見でも操作できるほど簡単に扱えるソフトを選ぶのがポイントです。

なお、操作感が優しい動画編集ソフトは、次のインターフェース操作感を持っていますので、選ぶ時の参考にしてください。

【初心者におすすめの操作感を持ったソフトの特徴】

本項では、初心者でも扱いやすいパワーディレクターのインターフェースベンチマークモデルとして元に紹介していきます。

基本的に、パワーディレクター以上に込み入ったインターフェースだと、初心者や突貫で編集する方には難しいとお考え下さい。


作業エリア数が必要最低限

簡単&直感的と言われる動画編集ソフトは、おおむね以下の3~4つの作業エリアに分かれます。

複雑な設定は別メニューを使えますが、基本的な編集はほぼこの画面だけで完結できます。

パワーディレクターのインターフェース

作業メニュー・コマンドが必要最低限&アイコン化されている

操作を簡単に感じるUIでは、メニューボタンのほぼ全てがアイコン化され、メイン画面直に配置されているのが特徴です。


基本操作はマウス中心

高度な編集にはキーボード操作がおすすめですが、ざっくり編集は、マウスのドラッグやスライダーといった、ファジーな調整ができた方が、直感的&簡単に操作できます。

操作が簡単と言われるソフトは、あらゆる編集シーンにマウスによるクリック・ドラッグ中心操作を採用しているのも特徴です。

パワーディレクター_簡単操作イメージ2

 

  • できるだけ簡単操作ができる、初心者向けソフトを選ぶ。

合成素材・テンプレート

合成素材とは、元の動画や画像と組み合わせて使う素材で、動画編集には欠かせません。

【合成素材 一覧】

  • エフェクト
  • オーバーレイ
  • エレメント
  • アニメーション
  • テロップアニメーション
  • 効果音
  • BGM
  • ‥‥など

※名称はソフトによって多少異なります。

合成素材があると、背景になる写真や動画の上に素材を重ねていくだけで、簡単テーマ特殊効果を持った高品質ムービーを作ることができます。

\背景に合成素材を重ねていくイメージ図/

レイヤー順序を図解した合成イメージ図

ジーナ
ジーナ
何気ない日常の写真や動画でも、あっという間に高品質ムービーに早変わるんだ。

\素材を合成した画像のビフォーアフター/

ウェディング素材を使った合成のビフォーアフター図

「著作権をクリア×高品質×使いやすい」の揃った合成素材は、探すだけでも苦労しますし、切り出して素材化するのも面倒です。

初心者の方ほど、合成素材を豊富にプリインストール済みで、即時利用が可能なソフトを選ぶのがおすすめです。

【プリインストール済み合成素材のメリット】

  • 背景素材(写真・動画)の質を選ばず高品質なムービーを作れる。
  • 合成素材を探す時間が短縮できる。
  • 合成素材に加工する時間が短縮できる。
  • 自然に雰囲気を追加できる。
  • 統一感のあるムービーを作れる。
  • 一瞬で素材を付け替えできるので、編集効率がよい。

ランニングコスト

子供の記録は長期間にわたるため、ランニングコストは気にしたいポイントです。

そして、ソフトのランニングコストで最も顕著なのが、バージョンアップ費用です。

【動画編集ソフトのバージョンアップ】

動画編集ソフトも、OSや環境変化に併せて、定期的なバージョンアップが必要です。

  • バージョンアップスパン1年に1回程度行われるのが一般的です。
  • バージョンアップ費用:セールを利用しても、新規購入時の60%程度は必要。

動画編集ソフトの中には、一度購入すると永久にバージョンアップ費用が無料になる永久ライセンスを販売するメーカーもありますので、比較・検討の際には、チェックするのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
長期利用するほどコスパがよくなるよ。

【ランニングコストのよい利用(購入)方法 ランキング】

ランニングコストは、契約(購入)方式によってお得度が変化し、以下の順で安く利用できます。

  1. 永久ライセンス初期購入費用のみで、バージョンアップ費用が不要。
  2. サブスクリプション:ソフトは所有できないが、最新バージョンのソフトを契約期間(年か月)で利用できる。5年程度なら、買い上げ&バージョンアップで継続するより遥かに安い
  3. 買い上げ:価格メリットはない。

ちなみに、動画編集ソフトのサブスクリプションは、低価格&特典付きのケースが多く、活用頻度の高いユーザーには、おすすめの契約方式ですよ。

自動動画作成&自動検出機能

子供の記録ムービーに役立つ、自動化プログラムは大きく2つです。

動画作成・サポート機能

必要な素材テーマを選択して実行すると、自動でムービーができる。または、画像・BGMのみ差し替えでムービーを作れる機能。

忙しいパパ・ママの編集を大幅に時短してくれる編集サポート機能になります。

\Power Directorのクイックプロジェクト(後者)/


自動検出・補正機能

動き回る対象を追尾したり、画質を補正してくれる機能。

動きが激しく、必ずしも高品質な撮影ができない子供の動画素材へ、簡単補正をしてくれるので、何かと便利な機能です。

\Power Directorのモーショントラッキング×テロップ追尾/

必須ではないですし、使いこなすまでには慣れも必要ですが、覚えたら素材溜まりもサクサク解消します。

【手振れ補正機能について】

このカテゴリには、手振れ補正も含まれますが、動画編集ソフトの手振れ補正は、高額なソフトでも効果は微々たるものです。

手振れのない動画を作りたいなら、撮影時点で工夫するしかありませんので悪しからず。

手振れ対策としては、次の3つがメインですね。

ジンバルを利用する。

ジンバル内蔵のカメラを使う。

三脚を使う。

目下おすすめは、やっぱりGoProですね。

\手振れ補正が尋常じゃない/

共有方法or保存メディア

パソコン内部やUSBでムービーを保存・共有する方は気にしなくても良いですが、動画投稿サイトDVDを使ってムービーを保存・共有する方は、以下の仕様をもったソフトを使うのがおすすめです。

動画投稿サイトへの直接アップロード機能

タブレットを操作する女性の手元1

サイトへのアップロードには、ムービーファイルのコンバート・サイトログイン・アップロード・投稿内容の調整…などなど、何かと手間暇が面倒です。

動画編集ソフトから直接サイトへアップロードできると、作業を短縮化できるのでおすすめです。


DVDオーサリング機能

ピンクの壁に飾られた3つのDVDディスク

DVDメディアにムービーデータを保管する場合、他のPCやプレイヤーで見れるようにするためには、オーサリングとファイナライズが必要です。

オーサリングは、一般的にはPCに付属しないため、別途購入する必要があります。

DVDメディアを利用予定なら、予めオーサリング機能付きの動画編集ソフトを使うのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
動画投稿サイトの直アップ機能は、一度使ったら止められないほど便利。

子供の記録におすすめの動画編集ソフト 4選

子供の記録に向く5つのポイントを、バランスよく満たした人気動画編集ソフトは、以下の4つです。

【子供の記録におすすめの動画編集ソフト 一覧】

 Movavi SuiteFilmoraPower Director365Premiere Elements
パッケージ モバビ_公式トップfilmora_公式サイト_top
OSWin・MacWin・MacWinWin・Mac
操作難易度易しい易しい普通普通
同梱素材560個以上896個以上970個以上400個以上
ランニングコスト永久ライセンス永久ライセンスサブスクリプション買い上げ
自動作成機能
自動検出・補正
動画投稿サイトアップロード
オーサリング●(WINのみ)
価格9,900円8,980円6,980円/年17,800円
詳細詳細&レビュー詳細&レビュー詳細&レビュー詳細

動画編集をいざ始めるとm「思いのほか時間確保もできなかった…」なんてことも多いため、まずは永久ライセンスで末永く利用できるMovaviFilmoraあたりからはじめてみるのが、個人的にはおすすめですね。

まとめ

緑の縁取りの双眼鏡をつかって、こちらを微笑みながらのぞき込む小さな男の子

子供のいる家庭では時間が何より貴重なので、動画編集ソフトで重視するポイントは以下2点にしぼりましょう。

  • クオリティ:そこそこ・それっぽいレベルでいい。
  • 製作時間:とにかく時短で作れること。

ちなみに、当初の想定通りに時間が取れなくても、永久ライセンス対応のソフトを購入しておけば、いつでも最新バージョンで編集を再開できるので、最初の選択肢&一生モノの格安ソフトとしてもイチ押しですよ。

頻繁に編集できない&コスパ優先の方におすすめ

超初心者向けの優しい操作感と豊富なエフェクトで、簡単に高品質ムービーを制作でき、永久ライセンス対応の以下ソフトがおすすめ。


効率重視でサクサク編集したい方におすすめ

膨大なエフェクトテンプレートに加え、複数の自動化プログラムで動画制作を強力にサポートしてくれる、高機能な以下ソフトがおすすめ。

ジーナ
ジーナ
迷った時は、上記4モデルのいずれかを選ぶと後悔しない。

以上、【子供の記録】向け動画編集ソフト を選ぶ5つのポイント&おすすめソフト の紹介でした。

子供でいてくれる時間はあっという間!しっかり撮りためてきっちり編集してあげたい(*’ω’*)☆

RELATED POST