ウェディングムービー

【ウェディングムービーの制作費用】式場・プロショップ・自作の相場&比較

Reasonable & Fast_リーズナブル_ウェディングムービー_おすすめ業者とおすすめクリエイター

ウェディングムービーは、式場のオプションで制作すると高額ですが、実際はかなり安く制作できます。

貯金箱にお金を入れる女性の手元

発注方法には、自作・プロショップへ直接発注・ココナラなどの個人クリエイターがあり、作りたいムービータイプによって選ぶのがおすすめです。

ちなみに、最もコスパが悪いのは式場のオプションで、直接プロショップに発注する場合と比べても2倍~3倍の費用となります。

これからウェディングムービーの発注を検討している方など、よろしければ参考にしてください。


\指輪探すなら!?マイナビ来店予約が超お得!!/

製作者による制作費用の相場 比較

動画編集を楽しむ男性の後ろ姿

費用比較

ウェディングムービーは、製作する人・業者によって費用が変わります。

【製作者別 制作費用の相場】

種類式場のオプションプロショップココナラ自作
オープニング5万円~2万円1万円ソフト代(1.5万)
プロフィール7万円~3万円2万円
エンドロール7万円~3万円2万円
余興5万円~2万円1万円

各製作者に発注するメリット・デメリットは次の通り。

【製作者別 制作費用の相場】

 式場オプションプロショップココナラ自作
メリット
  • 特にない。
  • 安い。
  • 種類が豊富。
  • 安い
  • 安い。
  • 構成も自由。
デメリット
  • 高額
  • ショップ選びに迷う。
  • 信用や品質の保証が担保されない。
  • 個人情報の取り扱いなど、心もとない。
  • 編集スキルが必要。
  • 作業時間が必要。
  • パソコン・ソフトが必要。

単純に費用が安いのは自作ですが、前提として編集スキル・パソコン・ソフトが必要で、製作には時間もかかります。

自宅で動画編集を楽しむ一派のクリエイターの男性

編集経験のない方なら、「純粋に手作りしたい」・「凝ったムービーを作りたい」場合でなければ、プロショップに依頼するのが最も確実で最高のコスパになります。

ちなみに、式場のオプションを頼むメリットは、強いていうなら「業者を紹介してくれること」くらいで、紹介後は自己発注するときと同様打ち合わせ・素材提出・ムービーのチェックなどを行っていきます。

ジーナ
ジーナ
メリットらしいメリットは…、ホントにないんだよね。

品質比較

製作者による品質の違いは次の通りです。

【製作者別 ムービー品質比較】

ムービータイプ式場のオプションプロショップココナラ自作
テンプレート高品質手持ちの素材次第
フルオーダークリエイターのセンス・スキル次第

式場のオプションも、結局は提携しているプロショップへ依頼しているだけなので、実態はプロショップクオリティです。

式場のオプションが高額な理由

式場オプションの実態は、プロショップへ業務を横流ししているだけです。

にもかかわらず高額になるのは、式場が業務紹介によるマージンで利益を得ているからです。

式場では、ムービー制作に関わらず、様々なサービスをオプションで利用できますが、実態はほぼ全て提携業者が執り行います。

  • ウエディングムービーも例外ではなく、式場のマージン+業者のムービー制作費用が、新郎新婦に請求されることになります。

通常、式場のマージンは50%程度と言われていますから、単価の小さいペーパーアイテム等と違い、ウェディングムービーのマージンは数万円~数十万円に膨らむことになります。

ジーナ
ジーナ
ウェディングムービーだけは、式場のオプションがおすすめできない


\指輪探すなら!?マイナビ来店予約が超お得!!/

ムービータイプによる制作費用の相場 比較

クリアフィルムを目のまえにかざして顔を隠している女性

ウェディングムービーは、ムービーの企画・構成から製作を行うフルオーダームービーと、写真をハメ込むだけでムービーが作れるテンプレートムービーの2種類があります。

両者の違いは 構成・ストーリーのオリジナル性 で、製作費用は10倍以上の価格差がつくことも珍しくありません。

【テンプレート⇔フルオーダー ムービータイプ別の費用相場 (ショップ価格)】

 テンプレートタイプフルオーダータイプ
価格1~3.5万円/1本10~50万円/1本
特徴
  • 素材:写真。
  • 構成:テンプレートにハメ込むタイプの汎用。
  • 製作時間:2週間~1.5ヵ月。
  • 素材:写真・動画。
  • 構成:自由・完全オリジナル。
  • 製作時間:2か月~3ヵ月。

フルオーダーのオリジナリティは、後々記念にはなりますが、ウェディングムービーのおすすめは、断然テンプレートタイプと言えます。

テンプレートムービーとは?図解を交えた解説はコチラ

テンプレートタイプのムービーを、以下のイメージファイルを例に図解してみます。

\テンプレートイメージ サンプル/

テンプレートムービーのひな形

▼上記テンプレートは、実はテキスト・穴の空いた背景画像・写真を合成することで出来たイメージです。

テンプレート_構成イメージ

▼3つのイメージは、動画データの中で以下のように重なり、1枚の絵のように見えます。

テンプレート_構成を統合してみるイメージ

テンプレートとは最奥の写真以外の動画パーツのことを指していて、最奥の写真を自由に差し替える事が可能なムービーパーツ郡になっています。

テンプレート_画像を差し替えるイメージ

▼テンプレートがあれば、写真差し替えも簡単!before⇒after!

テンプレートタイプのムービーは、写真・テキスト・BGM差し替えをメインとしたムービーです。

イメージのフレーム・タイミング・エフェクトなどは構成済みなので、完成度と演出効果が高く、誰がやっても一定のクオリティが担保されます。

【テンプレートタイプがおすすめの理由】

両手を強く握りしめ、歓喜のガッツポーズをとる男性
  • 価格:比較にならないほど安い
  • オリジナリティの担保:背景とムービー構成は汎用ですが、メイン写真とテロップは自由に変更できるため、ムービーのカスタム性は思いの外高く、充分なオリジナルコンテンツに仕上がる。
  • 高い完成度:試行錯誤を繰り返して完成したストーリーになっており、ウェディングムービーとしての汎用性と完成度が高いため失敗しない
  • 製作スピード:場合によっては即日完成も可能なほど制作・修正スピードが速い

もしフルオーダーで作りたいなら、6ヵ月程度の時間をかけて、コツコツと自作する方が個人的にはおすすめです。

ちなみに、素人の作るウェディングムービーは、温かい魅力が持ち味になるため、プロには出せない素敵な作品になることが多いですよ。

ジーナ
ジーナ
フルオーダーは、時間さえあれば自作の方がおすすめ。


\指輪探すなら!?マイナビ来店予約が超お得!!/

素材タイプによる制作費用の相場 比較

素材_壁に貼られた写真

ウェディングムービーは、写真素材で作ったムービーの方が、製作費用が安いです。

動画素材だと写真と違って必要なシーンを切り出す作業が必要で、手間・スキルも写真で作るムービーの何倍も難易度が上がります。

パソコンの前で頭を抱える男性の風景

また、安価なテンプレートタイプではほとんど対応してくれず、セミオーダーか、フルオーダーとしての発注&価格になります。

よって、動画素材を使ったムービーを作りたいなら、自作の方がおすすめと言えます。

ジーナ
ジーナ
時間やる気さえあれば、自作も難しくはないよ。


\指輪探すなら!?マイナビ来店予約が超お得!!/

まとめ

結婚式の新郎新婦の足元ファッション

ウェディングムービーの制作費用相場は、おおむね以下の通りです。

【製作者&ムービータイプ別 制作費用の相場(1本あたり)】

種類式場のオプションプロショップココナラ自作
テンプレート5万円~2万円~1万円~ソフト代(1.5万)
フルオーダー25万円~10万円~5万円~

一番おすすめしないのは式場のオプションを利用することで、次点はココナラなど、保証のない依頼方法です。

プロショップ依頼or自作の、おすすめ対象者は以下の通りです。

【プロショップor自作】

  • プロショップがおすすめな方:時間のない方・動画編集スキルのない方・高品質×低価格なムービーを希望の方。
  • 自作がおすすめな方:制作時間のある方・動画編集スキルのある方・オリジナルムービーを作りたい方。

迷ったときは、プロショップに依頼するのが色んな意味で間違いがなく、コスパも最高に良いですよ。

以上、ウェディングムービーの制作費用相場&比較 でした。

挙式はあっという間に費用が膨らむので、できるところから経費削減に取り組んでくださいね。

結婚式イベントのイメージ

素敵な結婚式を挙げてください(*’ω’*)☆