ウェディングムービー

ウェディングムービー3本で10万円以下は当たり前!?ムービーを安く制作依頼する5つのポイント解説

ウェディングムービーを直接発注するなら、5つのポイントを押さえて 最安&お得に利用するのがおすすめです。

【お得にウェディングムービーを制作依頼する5つのポイント】

タブレットを操作する女性の手元1
  1. テンプレートムービー(既製品)で制作依頼する。
  2. 写真の追加オプションを使わない。
  3. アーティスト楽曲は盛り込まない。
  4. 2本以上を制作する。
  5. 申込を早めに行う。

ちなみに、ウェディングムービーは、式場を経由しないだけでも相当コストカットできますが、これらのポイントを実行すると、3本制作依頼しても制作費用は10万円を下回ります。

大した手間はなく経費削減と演出効果の最大化もできるので、ぜひ参考にして下さい。

テンプレートムービーで制作を依頼することで安くする

ウェディングムービーは、ムービーの企画・構成から製作を行うフルオーダームービーと、写真をハメ込むだけでムービーが作れるテンプレートムービーの2種類があります。

両者の違い構成・ストーリーのオリジナル性 で、費用には10倍近くの価格差がつくことも珍しくありません。

【テンプレートタイプorフルオリジナル ムービーの仕様比較】

 テンプレートタイプのムービーフルオーダーのムービー
素材の種類主に写真写真・動画
素材の数10~40枚ASK
構成既定企画・構成も自由
製作日数2週間~1.5ヵ月2ヵ月~3ヵ月
価格1~3.5万円/1本10~50万/1本

フルオーダーのオリジナリティは、後々記念にはなりますが、ウェディングムービーのおすすめは、断然テンプレートタイプと言えます。

【テンプレートタイプがおすすめの理由】

両手を強く握りしめ、歓喜のガッツポーズをとる男性
  • 価格:比較にならないほど安い
  • オリジナリティの担保:背景とムービー構成は汎用ですが、メイン写真とテロップは自由に変更できるため、ムービーのカスタム性は思いの外高く、充分なオリジナルコンテンツに仕上がる。
  • 高い完成度:試行錯誤を繰り返して完成したストーリーになっており、ウェディングムービーとしての汎用性と完成度が高いため失敗しない
  • 製作スピード:場合によっては即日完成も可能なほど制作・修正スピードが速い

ちなみに、式の雰囲気を崩さないウェディングムービーの構成と使い処には、実はパターンがあるため、フルオーダーで作っても似通った構成になる事も多かったりします。

ジーナ
ジーナ
凝りすぎて、逆にウケないリスクもあるよ。

ムービーによる演出自体フォーマット化された余興ですし、お金と時間を膨大にかけてまで、凝った演出をしなくてもいいのでは…?というのが正直なところです。

ジーナ
ジーナ
どうせなら、お食事とか飾りにお金をかける方がおすすめじゃない?

写真の追加オプションを使わないことで安くする

壁一面に貼られた写真

テンプレートムービーは、オプション料金を払うと、既定の枚数以上の写真を追加できますが、非推奨です。

【写真追加が非推奨な2つの理由】

両手をクロスし、NOの意思表示をする女性

高い

追加費用は  1,000円~1,500円/1枚 が相場で、ムービー費用の実に10~20%ほどにあたります。

  • そもそも、追加したいと感じるときは1枚程度の追加で済む話ではなく、テンプレートがあっていないことが原因です。

ムービーのクオリティが下がる

テンプレートの種類にもよりますが、上映時間が変わらないのに差し込む写真の枚数だけを無理やり変えるので、本来のクオリティではなくなります。

  • 写真を増やすケース:上映時間は変わらないので、目まぐるしく写真が入れ替わり、慌ただしく見える。
  • 写真を減らすケース:上映時間は変わらないので、ゆっくり写真が入れ替わるため、のんびりした印象に見える。

ジーナ
ジーナ
写真追加オプションを使うくらいなら、テンプレートを変えよう。

アーティストの楽曲を使わないことで安くする

エルビスのレコードを手に取ってジャケットをしげしげと見つめるポニーテールの女性

動画への楽曲録音には、著作権・演奏権・複製権の問題が絡んでいて、全権利の使用許可をクリアしないと、式場では上映できません。

ちなみに、アーティストの楽曲を利用するときは、4,000円/1曲程度手数料&楽曲使用料が必要で、かなり高額です。

4,000円の楽曲使用料の内訳はコチラ

1曲変更4,000円(平均)の内訳はおおむね次の通り。

【(例)5分以内の楽曲を1曲のみ使う場合】

  1. 著作権使用料(JASRAC):400円/再生時間合計5分
  2. 著作隣接権(日本レコード協会):2,000円/1曲
  3. 業者の手数料:1,600円/1曲

=合計:4,000円

ジーナ
ジーナ
2~3曲使おうものなら、ムービー制作費用より高くなることもあるんだよ。

多くの式場でおすすめする「楽曲を無料で使う裏ワザ」はコチラ

楽曲の権利団体ISUMと提携している式場では、以下の対応をとることで楽曲使用料が発生しないようにしています。

  1. ムービー楽曲を録音せずに作成する。
  2. 挙式中:ムービーは無音で上映し、式場の音響設備からCD原版を使ってBGMとして楽曲を再生する。
式場の提携状況や設備によって対応は異なります。詳細はコーディネーターの方にご確認ください。

少し回りくどいやり方ですが、ここまでやらないと、著作権・演奏権・複製権に抵触してしまうんですよね。

ジーナ
ジーナ
全ては、新郎新婦が低価格×合法的に楽曲を利用するためのお作法なんだ。

【動画に楽曲を録音するメリット・デメリット】

人_黄色い壁の前でヘッドフォンをかけて空を見上げるジージャンを着た女性
  • メリット:映像と音楽のタイミングを合わせた音ハメができる。
  • デメリット高額で申請にも時間が掛かる。

なお、ほとんどのムービーには、権利問題が絡まない(=式場でも上映できる)ロイヤリティフリー楽曲が、ひとつだけ無料で付いてきます。

特に拘りが無ければ、実際のウェディングシーンでも利用できるため、無料の楽曲をありがたく合成してもらうのがおすすめですよ。

ジーナ
ジーナ
CD原版を再生するときでも、ムービーは無音再生してもらえばいいだけ。

楽曲の利用方法は、必ずコーディーネーターの方に確認をとってくださいませ。

2本以上を制作することで安くする

クリアフィルムを目のまえにかざして顔を隠している女性

ほとんどのムービー制作ショップは、2本以上のムービー発注に大幅な割引を適用します。

割引額がかなりお得なので、ムービーは2本以上作るのがおすすめですよ。

また、オープニング・プロフィール・エンドロールとで、シリーズ化されたテンプレートがラインナップされていることも多いので、デザインの統一感も出せるというメリットもあります。

  • セット割引が大きいムービー制作ショップ ナナイロウェディングの詳細はコチラ

2本以上作るなら、1社でまとめて制作依頼する方がお得。

申込を早めに行うことで安くする

カレンダーとスマホのある画像

通常、ムービーは2週間~1.5ヵ月程度で納品されますが、可能なら早めに申し込む方がメリットがあります。

【早期申込のメリット】

  • 早割適用:1ヵ月以上の余裕を持った納期に、大幅割引(5,000円程度)してくれるショップもあります。
  • 式場での上映チェック:式場のプロジェクタを使った上映チェックを余裕をもって行えます。

ジーナ
ジーナ
早割適用もお得だけど、余裕が持てるので精神衛生的におすすめだよ。

まとめ

ウェディングムービーを制作依頼するときに、最もおすすめの依頼ポイントは次の5つです。

【お得にウェディングムービーを制作依頼する5つのポイント】

タブレットを操作する女性の手元1
  1. テンプレートムービー(既製品)で制作依頼する。
  2. 写真の追加オプションを使わない。
  3. アーティスト楽曲は盛り込まない。
  4. 2本以上を制作する。
  5. 申込を早めに行う。

ウェディングムービーは、歴史と実績のある余興コンテンツなので、あまり奇をてらったものより、シンプルなテンプレートタイプの方がウケるし伝わります。

ジーナ
ジーナ
ついでに価格も安くなるなら最高じゃない!?

以上、ウェディングムービーを安く制作する5つのポイント の紹介でした。

ウェディングムービーで浮いたコストは、お料理やその他デコレーションなどに使うのがおすすめですよ。

ぜひ、素敵な結婚式を挙げてくださいね(*’ω’*)☆